【すね毛を薄くする】男のすね毛処理!高校生にはカミソリ?

すね毛のセルフ脱毛方法の一覧/自分ですね毛を薄くする方法

すね毛を薄くする方法

すね毛の処理方法1・カミソリ

カミソリでスネ毛を処理する方法について紹介します。
カミソリは最も手軽で昔からすね毛のセルフ脱毛の方法として多くの方が利用してきました。
お風呂に入ったときやシャワーの時にカミソリを使ってムダ毛をお手入れする方が多く剃った毛を流すのも簡単です。
カミソリだけでなくシェービングフォームなども安く手に入るので安価でお手入れをすることができます。
そんなカミソリでスネ毛をセルフ脱毛する方法のメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

カミソリですね毛処理をするメリット

カミソリでスネ毛を処理することの一番のメリットは手軽で安く誰でも処理ができることです。
カミソリ本体もちろんシェービング用のクリームなども100円ショップやドラッグストアで手に入ります。
カミソリは刃物なので間違った使い方すると怪我をする危険性がありますが、すねのように平で見やすい部分だと誰でも安全にお手入れをすることが可能です。
お手入れした後の後処理もシャワーで流すだけでいいので手軽なのもメリットのひとつです。
短時間ですぐにお手入れをすることができることもメリットの一つと言えます。

カミソリですね毛処理をするデメリット

カミソリは刃物です。
どれだけ慣れていてもちょっと手元が狂うだけで肌を傷つけてしまうことがカミソリですね毛処理をする一番のデメリットです。
すね毛のお手入れをカミソリで行う前にすね毛を柔らかくしたりシェービングフォームをしっかり付けるなど肌を守るケアをしてから処理を行わないと肌を傷つけてしまいます。
カミソリには安いものから高級なものまで様々なものがありますが、安いものだと切れ味がよくないので気をつけてお手入れをしていても傷つけてしまうことがあります。
カミソリでスネ毛処理するデメリットとして肌を傷つけやすいことも挙げられます。

すね毛の処理方法2・電気シェーバー

すね毛の処理方法として電気シェーバーを使ってセルフ脱毛をするのも主な方法のひとつです。
電気シェーバーと言うと髭剃り屋脇毛のお手入れに使われるイメージが強いですが、すね毛などのムダ毛処理にも対応しているものが数多く販売されています。
電気シェーバーは充電式だったりコンセントに繋ぐもなど種類がありますが、充電式だと使いやすくておすすめです。
すね毛用のアタッチメントなどが付属しているとさらにお手入れがしやすいので検討してみることをお勧めします。

電気シェーバーですね毛処理をするメリット

電気シェーバーですね毛処理をする一番のメリットは、安全にかつ手軽にすね毛のお手入れができることです。
電気シェーバーは肌への負担が少ないので、カミソリのようにシェービング用のクリームなどをつけなくてもすね毛のお手入れをすることが可能です。
電源を入れてすね毛に当てるだけでお手入れができるので誰でも簡単に行えるのメリットのひとつです。
電気シェーバーは直接刃が肌に触れることがないのでカミソリのようにケガをする心配もありません。
安全にすね毛のお手入れをしたいなら電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーですね毛処理をするデメリット

電気シェーバーですね毛剃りをするデメリットとして深剃りができないことが挙げられます。
電気シェーバーはカミソリに比べてすね毛を深く剃ることができません。
そのためしばらくするとすぐにすね毛が目立ってきてしまいます。
短期間で何度もすね毛のお手入れをしなければならないことが電気シェーバーですね毛を終了するデメリットの一つと言えます。
故障すると本体まるごと買い換えなければならないので、ランニングコストがかることもデメリットです。

すね毛の処理方法3・除毛クリーム

除毛クリームを使ってすね毛の処理をするかたも増えてきています。
除毛クリームはすね毛に塗ってしばらく待ってからクリームを拭き取ったり流すだけですね毛のお手入れができてしまうという代物です。
カミソリや電気シェーバーに比べて利用している方は少ないですが、 ドラッグストアなどに行くと多くの除毛クリームが販売されています。
海外製の商品が多いですが日本製のものも販売されています。
肌質に合った除毛クリームを選ぶ事が上手にすね毛のお手入れをする方法のコツとなります。

除毛クリームですね毛処理をするメリット

とにかく早くすね毛をキレイにできることが一番のメリットです。
除毛クリームは説明書に書いてある通りにお手入れをしたい部位に塗って説明書通りの時間で町洗い流すだけでツルツルのお肌になります。
カミソリやシェーバーのように刃物を使わないので怪我をする心配が無いのも大きなメリットです。
除毛クリームは電気シェーバーや家庭用脱毛器に比べて価格の安いのでコストパフォーマンスが良いのもメリットと言えます。
カミソリは刃物が苦手だから使いたくない、短時間でツルツルのお肌にしたいといった形に除毛クリームおすすめです。

除毛クリームですね毛処理をするデメリット

除毛クリームはすね毛のタンパク質を分解することで除毛していきます。
しかも短時間でムダ毛のタンパク質を分解するのでイメージよりもかなり肌への負担が強いのです。
そのため敏感肌や肌が弱い方には除毛クリームは刺激が強すぎることがあります。
除毛クリームを使うことで肌が荒れたり肌トラブルが起きたりしてしまう事がデメリットです。
除毛クリームは脱毛するわけではないので肌の表面に出ている毛を除毛するだけです。
そのためすぐにすね毛が伸びてきて目立ってしまうのもデメリットと言えます。

すね毛の処理方法4・ワックス

すね毛の処理方法としてワックスも代表的な方法のひとつです。
一般的にはブラジリアンワックスと呼ばれることが多いです。
粘度の高いワックスをすね毛に塗って剥がすことですね毛を毛根から引き抜くと言った処理方法です。
ワックスにもいくつか種類がありますが、最初に温めて柔らかくしてから鼻に塗るタイプのものが多いです。
外国製のものが多いのですが最近では日本人の肌であった肌への負担が少ない日本製のワックスも販売されています。
すね毛の処理方法の中ではかなり刺激が強いやり方なので、痛みが苦手な方はよく考えてから行うことをお勧めします。

脱毛ワックスですね毛処理をするメリット

広範囲のすね毛を短時間で一気に脱毛できることが脱毛ワックスですね毛終了する一番のメリットです。
毛根から毛を引き抜くのですぐにすね毛が生えてこないので、ツルツルの状態が長く続きます。
脱毛サロンや家庭用脱毛器に比べると安くお手入れでもできます。
ドラッグストアやディスカウントショップなどで簡単にワックスが手に入るのもメリットです。
ワックスを使った後の処理が簡単なのもメリットと言えます。

脱毛ワックスですね毛処理をするデメリット

脱毛ワックスは一度に大量のすね毛を抜くのでとにかく痛みが強いです。
毛根から引き抜くので肌への負担もかなり大きいです。
一度に広範囲のすね毛を抜いてしまうので、すね毛の量の調整が効きにくいです。
脱毛ワックスには何種類かあり体の各部位毎の専用のワックスがあったりもします。
間違った部位のワックスを使ってしまうと肌への刺激が強すぎて肌荒れや肌トラブルを起こしてしまうので選ぶのに注意が必要です。

すね毛の処理方法5・家庭用脱毛器

すね毛の処理の方法として一番お金がかかりますが脱毛効果が高いのが家庭用脱毛器を使うことです。
家庭用脱毛器は永久脱毛はできませんが、 繰り返し継続して使うことですね毛を生えにくくすることができます。
なんとか使うことですね毛の量が減ってくるので、回数を重ねるごとにお手入れの手間と時間が楽になってきます。
ほとんどの家庭用脱毛器がすね毛の処理に対応していますか、機種によってはすね毛用のアタッチメントや専用カートリッジがついていたりもします。
そのような商品を選ぶことでよりすね毛の処理がやりやすくなります。

家庭用脱毛器ですね毛処理をするメリット

家庭用脱毛器ですね毛を処理していくと回数を重ねる事にすね毛が減ってくるのが実感できます。
すね毛の量が減ってくることでお手入れの回数や1回あたりの時間が短くなってきます。
家庭用脱毛器ですね毛を処理していくとだんだんお手入れが楽になってくることが大きなメリットです。
家庭用脱毛器ですね毛を処理すると、毛根にダメージを与えて新しい毛が生えにくくなります。
一度お手入れをすると肌がツルツルの期間が長持ちするのもメリットのひとつです。

家庭用脱毛器ですね毛処理をするデメリット

家庭用脱毛器ですね毛を処理する一番のデメリットは金額です。
いくつもあるセルフですね脱毛をする方法の中で、コストがズバ抜けて高いのが家庭用脱毛器です。
安い海外製の家庭用脱毛器もありますが、海外製だと日本人の肌に合わずに肌トラブルが起きやすくなったりもします。
家庭用脱毛器は脱毛効果は高いですが、すぐに効果が現れないのもデメリットです。
ただし長く続けていくとお手入れの時間や手間もかからなくなるので、じっくりとすね毛の脱毛に取り組みたい方に家庭用脱毛器はおすすめです。

すね毛の処理方法6・脱色クリーム

脱色クリームもすね毛のセルフ処理の一つの方法です。
脱色クリームは、毛の色を抜くことですね毛を目立ちにくくさせる処理方法です。
他の処理方法は、すね毛を抜いたり減らしたりしますが、脱色クリームは色を抜くだけですね毛の量自体は変わらないのが特徴です。
太い毛や細い毛といった、毛質に関係なくお手入れできるのも脱色クリームの特徴です。
脱色クリームはすぐに色が抜けるので、明日海に行くからすね毛をなんとかしたい、といったときにも即効性のあるすね毛のお手入れの方法です。

脱色クリームですね毛処理をするメリット

脱色クリームはすね毛の色を抜くだけなので抜いたり切ったりすることはありません。
そのため剃ったり切ったりした後のチクチクした感じがないのがメリットです。
また男性はすね毛を剃ったり切ったりしてもすぐに生えてきてしまうので、そのようなお手入れ方法だと効果が持続しません。
脱色クリームですね毛の色を抜くと最低でも一週間は持続します。
抜いたり剃ったりするお手入れ方法に比べて効果が長いのもメリットのひとつです。
カミソリや除毛クリームに比べるとやや値段は上がりますが、家庭用脱毛器や電気シェーバーに比べると除毛クリームは格安で手に入れることができ即効性もあるのでコストパフォーマンスが良いです。

脱色クリームですね毛処理をするデメリット

脱色クリームは色を抜くだけですね毛の量は減ることはありません。
遠くから見るぶんにはわからないのですが、近くで見るとすね毛が目立ってしまうのがデメリットです。
脱色クリームはすね毛の色を短時間で抜くだけの効力のある強力な溶剤です。
肌が弱い方だと荒れたり肌トラブルになってしまうことがあります。
脱色クリームはすね毛を減らすという根本的な解決にならないので、使い続ける必要がありランニングコストがかかります。
髪の毛を染めたことがある人なら分かると思いますが、脱色してからしばらくすると黒い毛が伸びてくるのでプリン状態になり見た目が悪くなります。
その時々の毛の量や太さによって同じ量の脱色クリームを使ったとしても、同じ仕上がりになるとは限りません。

すね毛を薄くする方法/セルフの脱毛方法を紹介します

すね毛を薄くする方法

カミソリですね毛処理をする方法

処理の頻度は2週間に1回

個人差はありますがカミソリでスネ毛を処理する頻度は約2週間に1回がおすすめです。
カミソリは刃物なのでどれだけ自然に傷つけないようにケアをしていてもどうしても肌に負担がかかってしまいます。
そのためあまり頻繁に短い期間でカミソリでお手入れをしすぎると、 肌に負担がかかり肌荒れや肌トラブルに繋がってしまいます。
カミソリは肌の表面に出てきている毛を剃るものなので、ある程度新しい毛が生えてこないとお手入れをしてもほとんど意味がありません。
毛周期に合わせて2週間に1度くらいのペースでお手入れするのがカミソリを使った時のおすすめの期間です。

カミソリでの処理方法1・肌をあたためておく

カミソリで処理をする前に肌を温めておくことで、すね毛も柔らかくなるので カミソリで処理をしやすくなります。
肌も温めることで柔らかくなるので、剃刀を当てた時に負担が少なくなり肌荒れや肌トラブルを避けることができます。
肌を温めることで毛穴が開きます。
毛穴が開くことですね毛を深剃りすることができます。
また深剃りしても肌大きな負担をかけることもありません。

カミソリでの処理方法2・シェービングクリームを塗布する

肌を温めたら次にシェービングクリームをすね毛をお手入れする部位に塗っていきます。
シェービングクリームはカミソリの刃の滑りを良くするだけではなく、 肌を保護する目的もあります。
少なすぎるとうまくカミソリを動かすことが出来ず肌を傷めてしまう可能性があります。
シェービングクリームの量は説明書に書いてある通りの量かもしくは少しそれより多めに使うと肌への負担も少なくカミソリでスネ毛のお手入れをすることができます。肌を保護する目的もあります。
少なすぎるとうまくカミソリを動かすことが出来ず肌を傷めてしまう可能性があります。
シェービングクリームの量は説明書に書いてある通りの量かもしくは少しそれより多めに使うと肌への負担も少なくカミソリでスネ毛のお手入れをすることができます。肌を保護する目的もあります。
少なすぎるとうまくカミソリを動かすことが出来ず肌を傷めてしまう可能性があります。
シェービングクリームの量は説明書に書いてある通りの量か少し多いくらいの量だと肌をしっかりと保護できるのでおすすめです。

カミソリでの処理方法3・毛流れに沿ってシェービングする

シェービングクリームを塗ったら続いてカミソリですね毛を剃っていきます。
この時注意することがシェービングする時の方向です。
基本的にすね毛の流れに沿ってシェービングをしていきます。
自分のすね毛を見て、毛先が向いてる方向に沿ってシェービングしていきましょう。
カミソリでシェービングする時は力を入れすぎたりカミソリを動かす速度が速いと肌を傷めてしまうので注意してください。
途中でカミソリにシェービングクリームがついてしまうので、切れ味が悪くなったら一度船便クリームを落とすためニモカミソリを洗ってから再度すね毛のお手入れをしていきましょう。

カミソリでの処理方法4・剃り残しがある部分のみ逆剃りに

毛の流れに沿ってシェービングをしていくと、どうしても剃り残しが出てきてしまいます。
剃り残しが出た部分は毛先の流れと反対の逆剃りで剃ってあげるのがおすすめです。
逆剃りは肌への負担が大きく肌荒れの原因となってしまう可能性が高いのですが、毛先に沿って剃るよりも深剃りすることができ綺麗に仕上がります。
剃り残しは毛先に沿ってだと上手く剃れない部分なので、 逆そりで行うことで綺麗にお手入れをすることができます。

カミソリでの処理方法5・シェービング後はしっかり保湿を

カミソリですね毛を剃り終わったら、残っているシェービングクリームを洗い流して拭き取ります。
その後、肌への保湿ケアをしっかりと行います。
カミソリでお手入れしたあとの肌は、乾燥しやすく細かな傷がついている状態です。
そのまま放置しておくと、肌荒れや肌トラブルの原因となってしまいます。
化粧水や乳液などを塗ってお手入れをした部分の保湿ケアを行うことで余計な肌トラブルなどを教えことができます。
保湿ケアを行うことですね毛のお手入れした後の仕上がりが綺麗になります。

電気シェーバーですね毛処理をする方法

処理の頻度は1週間に1回

電気シェーバーですね毛を処理する場合、処理の頻度は一週間に一回がおすすめです。
電気シェーバーはカミソリに比べてすね毛を深く剃ることができません。
すね毛が伸びて目立つのが早いので、一週間に1度はお手入れを行わないと綺麗な状態を保つことができません。
電気シェーバーは直接シェーバーの刃が肌に触れることがないので、肌の負担が少ないすね毛のお手入れ方法です。
そのため一週間に一回電気シェーバーでお手入れを行っても肌荒れや肌トラブルになる可能性が非常に低いのです。
電気シェーバーはお手入れの手間もかからないのですね毛が気になった時にすぐに行えることから一週間に一度でも手間がかかりません。

電気シェーバーでの処理方法1・乾いた肌に使えるシェーバーは準備は不要

電気シェーバーでの処理方法について紹介します。
電気シェーバーはカミソリのように肌を温めたり成分クリームを塗るといったような下準備が必要はありません。
電気シェーバーは乾いた肌にそのまま準備もせず使うことができます。
ただし電気シェーバーの充電が少なくなっていたり乾電池が切れかかっているとシェーバーの力が弱くなってしまいます。
電気シェーバーの力が弱いと綺麗にすね毛がそれないだけでなく肌を傷めてしまう原因にもなりますので、お手入れをする前に充電を残りをチェックしておきましょう。

電気シェーバーでの処理方法2・長いムダ毛は事前にハサミでカットする

電気シェーバーは下準備なくすね毛のお手入れができる手軽な方法です。
ただしすね毛の状態によっては事前にある程度すね毛を整えておく必要があります。
すね毛が長いと電気シェーバーで剃ることができません。
そのためすね毛が長い場合は電気シェーバーでお手入れをする前にハサミでカットしておくことが必要です。
電気シェーバーによってはもみあげなどの整えるためのカッターがついているものもあります。
そのような長い毛を整えるためのアタッチメントがついている電気シェーバーだと長い毛を整えるのも簡単です。

電気シェーバーでの処理方法3・シェーバーは肌に垂直に当てる

電気シェーバーですね毛を処理していくときのポイントです。
電気シェーバーは肌に垂直にあてることで上手にすね毛をお手入れすることができます。
横から当てたり毛を剃る部分が肌にしっかり密着していないと、綺麗にすね毛を剃ることができません。
肌に垂直にあてることで綺麗にすね毛を剃ることができます。
肌に垂直にあてるときも強く当てすぎると肌を傷めてしまうばかりかすね毛を綺麗に剃ることもできません。
シェーバーの重さで肌に密着させるくらいの圧がおすすめです。

除毛クリームですね毛を処理する方法

処理の頻度は1週間に1回

除毛クリームですね毛を処理するときのおすすめの頻度は一週間に一回くらいです。
除毛クリームは毛根からではなく肌の表面から少し下くらいの部分から除毛していきます。
そのためすね毛のように目立つ部分だと毛が生えてくるのは早いのですぐに目立ってしまうのです。
すね毛を目立たない状態を維持するためには一週間に1回は除毛クリームでのお手入れが必要になります。
除毛クリームは一週間に一回とやや手間がかかるお手入れ方法ですが、即効性があるのでそれが気になった時にすぐに処理をすることができます。

除毛クリームでの処理方法1・処理する場所を清潔にし水分をしっかり拭き取る

除毛クリームを使ってすね毛をお手入れする時の上手に処理するポイントです。
お手入れする場所を清潔にし水分をしっかり拭き取ることで除毛クリームの除毛効果がしっかりと発揮されます。
お手入れするすねの部分が汚れているとクリームがすね毛にしっかりと行き渡りません。
また濡れていたり汗をかいていたりするとやはり除毛クリームがしっかりと浸透してくれないので、綺麗にすね毛を除毛することができません。
除毛する前はシャワーや濡れタオルでしっかりと汚れを拭き取り、乾いたタオルで拭いたり乾燥させるなどしてから除毛クリームを使いましょう。

除毛クリームでの処理方法2・ムダ毛が隠れるように厚く(1㎝ほど)クリームを均等に伸ばす

除毛クリームはたっぷり塗った方が効果があると考える方も多いかもしれません。
しかし塗りすぎると逆効果になりますし肌も傷めてしまいます。
除毛クリームはお手入れしたいすね毛が隠れるように約1センチほどの厚さで塗ります。
クリームは場所によって厚さに差が出ないように均等に伸ばすのが綺麗な仕上がりにするポイントです。
ケチって薄く塗っても効果が出ないので、でもクリームの量や塗り方は説明書どおりの要領で正しく行いましょう。

除毛クリームでの処理方法3・記載の放置時間を置く

除毛クリームを正しい分量で正しく塗ったらあとは待つだけです。
焦って早く拭き取ってしまう方もいるのですが、それではせっかくの除毛クリームの効果が発揮されません。
また説明書に記載の放置時間よりも南国クリームを塗ったままにしておく方もいますが、それだと肌大きな負担をかけてしまいすね毛の除毛はできても肌荒れが起きて仕上がりが汚くなってしまいます。
除毛クリームでしっかりとすね毛をお手入れしたいなら、放置時間は説明書に記載通りの時間を守って行いましょう。

除毛クリームでの処理方法4・ティッシュでクリームを拭き取る

除毛クリームを塗って説明書やパッケージに記載通りの放置時間が経ったら後はふき取るだけです。
除毛クリームを拭き取るときはティッシュなど使い捨て出来るものを使用するのがおすすめです。
タオルでふき取っても良いのですが、除毛したすね毛とクリームがついてしまうので拭き取ったタオルを洗うことが難しくなります。
ティッシュペーパータオルなら拭き取ってからすぐに捨てられるので手間もかからず簡単でオススメです。

除毛クリームでの処理方法5・ぬるま湯で洗い流す

除毛クリームをティッシュやペーパータオルなどで拭き取っても、まだべたついた感が残ります。
ティッシュなどでは完全にクリームを拭き取ることはできません。
そのまま少しクリームが残ったべたついた状態で放置してしまうと肌荒れの原因となりますし何より気分がすぐれません。
ティッシュなので除毛クリームを全て拭き取ったら、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことが綺麗な仕上がりのために欠かせない手順です。
シャワーので洗い流す場合、熱すぎるお湯を使うと肌が赤くなったり肌への負担が大きいのでぬるま湯がおすすめです

家庭用脱毛器ですね毛処理をする方法

頻度は1~2週間に1回

家庭用脱毛器ですね毛を処理する場合お手入れの頻度は一週間から2週間に1回くらいがおすすめです。
家庭用脱毛器は毛周期という毛の生え変わりのサイクルに合わせて使うのが最も効果的です。
そのために二回ペースで利用すると新しい毛が生えてきていないのでせっかく家庭用脱毛器を使っても効果はほとんど期待できません。
家庭用脱毛器は肌への負担も大きいので、短期間で使うってしまうと肌トラブルが起きてしまいます。
家庭用脱毛器の効果が出てきたら3週間から1ヶ月間を空けても問題ありません。

家庭用脱毛器での処理方法1・事前にムダ毛を電気シェーバーなどで処理しておく

家庭用脱毛器ですね毛をお手入れをする場合、事前にすね毛の長さを短くしておく必要があります。
すね毛が長い状態で家庭用脱毛器を使うと、肌の表面に出ているすね毛に家庭用脱毛器の熱が反応してしまい肌がやけどしてしまう危険性があるからです。
家庭用脱毛器を使う前日に電気シェーバーなどで、すね毛を短く処理しておくことでお手入れの仕上がりがきれいになります。
カミソリや毛抜だと肌への負担が大きいので、家庭用脱毛器を使ったときに肌トラブルが起きやすくなるのでおすすめできません。

家庭用脱毛器での処理方法2・照射前に冷却する

家庭用脱毛器ですね毛をお手入れする際に事前にしっかりとお手入れする部位を冷却する事は綺麗な仕上がりのために欠かせないことです。
家庭用脱毛器は毛根に熱によるダメージを与えてすね毛を生えにくくする仕組みです。
しっかりと照射部分を冷却しておくことで肌の負担も少なく痛みも少なくして家庭用脱毛器を使うことが可能です。
事前にしっかりと冷却することで痛みを感じにくくなるので照射レベルを落とさずに照射することができすね毛のお手入れ完了までの期間を短くすることもできます。

家庭用脱毛器での処理方法3・照射レベルは弱からスタートする

家庭用脱毛器の照射レベルは逆からスタートするのが肌トラブルをなく綺麗にすね毛をお手入れするのに重要なポイントです。
家庭用脱毛器の照射レベルは高いほど脱毛効果はありますが、 比例して肌への負担が大きくなります。
肌がまだ家庭用脱毛器でのお手入れに慣れていない状態で強いレベルで照射すると痛みが強くなるだけでなく、肌トラブルが非常に起きやすくなります。
肌を慣らしながらお手入れしていくためにも、まずは弱いレベルでの家庭用脱毛器の使用がおすすめです。

家庭用脱毛器での処理方法4・照射後にも冷却する

家庭用脱毛器ですね毛への照射が終わったら、照射した部分を冷却していくこともすね毛のお手入れで重要なポイントです。
家庭用脱毛器で照射した後の肌は熱を帯びており乾燥しやすくなっています。
家庭用脱毛器で照射することにより肌は大きな負担かかっており細かなキズも付いています。
肌が熱を持ったままだと雑菌が繁殖しやすくなり肌トラブルが起きやすくなります。
家庭用脱毛器で綺麗に素敵処理を行うためにも照射後の冷却は必ず行いましょう。

家庭用脱毛器での処理方法5・照射後はしっかり保湿する

家庭用脱毛器ですね毛の処理をした後は冷却するだけでなく保湿も重要なポイントです。
冷却することで肌の熱を下げて乾燥を軽減させることはできます。
少し冷やすだけでは完全に照射した後の肌の乾燥を防ぐことはできません。
照射した後の肌は乾燥しやすく肌のバリア機能も低下しています。
肌トラブルがとても起きやすい状態になっているので冷却だけでなく保湿ケアも重要です。
化粧水や乳液ですね毛を照射した部分をしっかりと保湿ケアして肌の潤いを保ってください。

脱色クリームですね毛を処理する方法

頻度は3週間~1カ月に1回

脱色クリームですね毛をお手入れする時の頻度は3週間から1ヶ月に1回がおすすめです。
脱色クリームはスネ毛を抜いたり量を減らすということではなく色を抜くことですね毛を目立たなくする方法です。
そのため他のお手入れの方法よりもすね毛を目立たなくさせる効果が持続します。
またある程度死ぬ気が伸びてから脱色クリームを使わないと黒い部分が少ないのでほとんど効果がありません。
脱色クリームはすね毛の色素を急速で抜くというかなり強い溶剤でもあります。
頻繁に脱色クリームを使うと肌への負担も大きく肌荒れを起こしてしまうので3週間から1ヶ月に1回がおすすめの使用頻度です。

脱色クリームでの処理方法1・処理する場所を清潔にし水分をしっかり拭き取る

脱色クリーム を使ってすね毛のお手入れをする前に処理する部分の下準備があります。
すね毛を処理する場所が汚れていたり汗ばんでいたら軽く洗うなりタオルでふき取るなどして綺麗にします。
続いて湿っていたり汗ばんでいたら乾いたタオルでしっかりと水分を拭き取ります。
汚れていたり水分が残っているとせっかくの脱色クリームの効果が発揮されません。
脱色クリームでしっかりとお手入れするためにも処理する場所の下準備を丁寧に行いましょう。

脱色クリームでの処理方法2・ムダ毛が隠れるように厚く(1㎝ほど)クリームを塗る

処理する場所をきれいにしたら続いて脱色クリームを塗っていきます。
塗る時はムダ毛が隠れるように1センチほどの厚さで脱色クリームを塗っていきます。
塗る時はムラが出ないようにできるだけ均一の厚さになるように塗っていきましょう。
たくさん塗るとより効果がでるように感じられますが、たくさん塗りすぎると肌荒れの原因にもなりますしたくさん塗っても効果は変わりません。
逆に塗る量が少ないとしっかりと脱色できないのでパッケージや説明書に記載されている量を守って使うことが大切です。

脱色クリームでの処理方法3・記載の放置時間を置く

脱色クリームすね毛を処理する部分に塗ったら後は放置するだけです。
放置するだけなので特にやることはないのですが、必ず決められた放置時間を守りましょう。
放置時間が短いとしっかりと色が抜けません。
放置時間が長いと肌の負担が大きくなり肌荒れや肌トラブルの原因となります。
脱色クリームを塗った後は動いたり汗をかいてしまうとしっかりと色が抜く事が出来ないので、なるべく涼しい場所で大人しく待ちましょう。

脱色クリームでの処理方法4・ぬるま湯で洗い流す

脱色クリームを塗って決められた放置時間を守ったら最後にクリームを落としていきます。
除毛クリームの時はティッシュやペーパータオルなどでクリームを拭き取ってからぬるま湯で洗い流しました。
脱色クリームはすね毛が抜けるわけではないので洗い流すだけで OK です。
洗い流す時はぬるま湯がおすすめです。
熱いお湯だと肌への負担が大きくなってしまいます。
冷たいお水だと脱色クリームがしっかりと洗い流すことが難しいです。
脱色クリームが残ってしまうと肌荒れの原因となるので洗い残しがないようしっかりと確認して洗い流しましょう。

サロンやクリニックですね毛を薄くする/おすすめのサロン&クリニック

すね毛を薄くする方法

すね毛脱毛におすすめのサロン・レイロール

メンズ脱毛サロンのレイロールは、男性の太くて濃い毛を脱毛するために、オリジナルの脱毛器を使用しています。
国内メーカーとの協力によって作り上げた脱毛器で、メラニン色素に反応するIPL方式と、毛を作る毛包部分に反応させるSHR方式のハイブリッドとなっています。
必要に応じて光の出力や波長を変化させ、効率的な脱毛を実現します。
そのため、すね毛が太い男性でも、しっかりと脱毛することができるでしょう。
そして、低出力でしっかりと脱毛することを考えているため、肌への負担が少ないのも特徴です。
その上、瞬間冷却する機能があるので、痛みを感じにくいです。
したがって、すねの皮膚がデリケートな人でも、安心して脱毛できるはずです。
そのような脱毛器を使用しているレイロールでは、複数のメニューが用意されていて、全身脱毛の他、脚だけの脱毛メニューもあります。
さらに、すね毛だけを都度払いで脱毛してもらうことも可能です。

サロン名 レイロール
すね毛脱毛の料金 1回5,980円
すね毛脱毛の範囲 ヒザ下からくるぶし上
脱毛器の種類 IPLとSHRのハイブリッド脱毛
サロンのおすすめポイント ハイクオリティ

すね毛脱毛におすすめのサロン・リンクス

リンクスは、エステタイプのメンズ脱毛サロンです。
VIOを含んだ全身の脱毛が可能で、もちろんすね毛の脱毛も受けられます。
すね毛だけの施術であれば、1回当たり40分で完了します。
基本的には、複数回受けることでより高い効果が出ます。
そのため、都度払いの他に、4回あるいは8回のパスが用意されています。
そのパスを利用すれば、1回当たりの料金が割安になります。
さらに、9回目以降は、1回当たりの料金が80%オフになるため、満足できるまで通いやすいです。
また、必ず全ての毛を脱毛しなければならないわけではありません。
回数を調整して、ある程度すね毛を残すといことも可能です。
そのため、すね毛を全体的に薄くしたいという人にもおすすめです。
使用するのは専用の脱毛器で、黒くて太い男性の毛を脱毛することを考えて作られています。
当然細い毛にも対応できるので、すね毛が薄い人でも施術を受けられます。
15段階の調整によって、個人に合わせた光の照射が可能です。

サロン名 リンクス
すね毛脱毛の料金 初回限定50%オフの7,900円
すね毛脱毛の範囲 両ひざ下(足・すね)
脱毛器の種類 日本初の男性専用脱毛機(新型IPL)
サロンのおすすめポイント 社員全員が男性

すね毛脱毛におすすめのクリニック・メンズリゼ

メンズリゼでは、医療脱毛を受けることができます。
医療機関しか使用できないレーザーによって、しっかりと脱毛することが可能です。
そして、使用する機械は、全部で4種類用意されています。
その中から、肌質や毛質に合わせて選ばれる形です。
メンズリゼには複数のプランがあり、すね毛は、全身脱毛の他、足全体脱毛セットで脱毛することが可能です。
いずれのプランも全部で5回ですが、終了後は1回ごとに割安料金で施術を受けることができます。
その際にはすね毛のみを指定できるため、徹底的にすね毛をなくしたいという人におすすめです。
また、料金の安さを強みとしていて、事前のカウンセリングや再診料、処方される薬代などは無料です。
さらに、医療機関ということで、万が一肌のトラブルが起こったとしても、無料で治療を受けられます。
したがって、安心して利用できるでしょう。

クリニック名 メンズリゼ
すね毛脱毛の料金 月々3,200円(5回コース)
すね毛脱毛の範囲 太もも・ひざ~足首・足の甲・足指
脱毛器の種類 医療レーザー脱毛器
サロンのおすすめポイント 医療脱毛クリニックだから永久脱毛可能

すね毛脱毛におすすめのクリニック・ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは、医療脱毛を受けられるところです。
強力なレーザーを使用して、少ない回数でもしっかりと脱毛をすることができます。
そのため、通う頻度が少ないのがメリットです。
すね毛の脱毛は、脚全体コースに含まれている他、単部位指定することも可能です。
基本は5回で完了し、5回だけですね毛をしっかり脱毛できる人も大勢います。
そして、医療従事者が常駐しているため、万が一トラブルが発生した際には、すぐに処置をしてもらえます。
また、レーザー脱毛は、人によっては痛みを感じることがありますが、ゴリラクリニックではオプションで麻酔を使用することが可能です。
さらに、使用する脱毛器自体が、痛みを軽減するよう工夫されたものです。
したがって、特に痛みを感じることなく、施術を完了させられるでしょう。

クリニック名 ゴリラクリニック
すね毛脱毛の料金 143,040円(全5回)
すね毛脱毛の範囲 太もも・ひざ・ひざ下・足指・足背
脱毛器の種類 熱破壊式ヤグレーザー脱毛器・蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器
サロンのおすすめポイント 脱毛器の種類が豊富

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器

すね毛を薄くする方法

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・トリアパーソナルレーザー脱毛器4X

トリアパーソナルレーザー脱毛器 4Xは、クリニックで使用されている脱毛器の技術を取り入れてあるのが特徴です。そして、ほぼ全身に対応していて、すね毛に対しても問題なく使用可能です。また、コードレスという、脱毛器の中でも珍しい特徴を持っています。そのため、コードが絡まってしまうことを気にすることなく、左右の脚の脱毛を交互に進めていけます。使用方法は非常に簡単で、ボタンはひとつしかついていません。そのボタンを押すだけで照射が可能です。そのボタンで出力を5段階に調整できるので、すね毛が太くて濃い人から肌が敏感な人まで、幅広い人が使用できます。さらに、ランニングコストがかからないというのも大きな特徴です。脱毛器によくある、消耗カートリッジの交換が必要なく、本体が稼働する限り使い続けられます。

商品名 トリアパーソナルレーザー脱毛器4X
会社名 トリア・ビューティ・ジャパン株式会社
価格 48,000円(税込)
脱毛可能範囲 全身
照射レベル 5段階
最大照射回数

関連ページ:【トリア 口コミ】へ内部リンク

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ケノン

ケノンは、照射レベルを細かく設定できる脱毛器です。痛みが苦手なユーザーでも、安心して使用できるのが特徴です。ストレスなく脱毛できるので、家庭でも気軽に脱毛できると言えます。但し、肌質によっては赤みがでることもあるので、照射レベルの設定には注意が必要です。赤みがが出やすい場合は、付属の保冷剤を使って照射部位を冷却するのがお勧めです。ケノンの脱毛効果を高めるには、継続的な照射が欠かせません。効果の現れ方には個人差がありますが、早ければ2か月ほどから毛が薄くなっているのを実感します。ケアは2週間間隔が推奨されており、約4~6回ほどの照射で脱毛効果が表れるのを期待できます。継続てきに脱毛することで、毛が生えにくくなる体質にもなっていくわけです。

商品名 ケノン
会社名 アローエイト株式会社
価格 69,800円(税込)
脱毛可能範囲 すね毛を含めた全身
照射レベル 10段階
最大照射回数 300万発

【ケノンの口コミ・評判】脱毛器の効果はよくない?

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・レイボーテメンズフラッシュZERO

レイボーテメンズフラッシュZEROは、男性のムダ毛処理に特化している脱毛器です。ひげやすね毛など、ほぼ全身に使用することが可能です。オーソドックスな光を照射するタイプの脱毛器ですが、その光は日本人の肌に合わせて開発された、特殊なものです。日本のエステサロンでも使用されることが多い光によって、負担の少ない脱毛が実現可能です。さらに、光には肌を滑らかにする効果もあるため、脱毛と肌ケアを同時に行うことができます。そして、ピンポイントで処理をするシングルモードと、先端にあるローラーを転がして連続照射をするローラーモードの切り替えが可能です。ローラーモードを選択すれば、広い範囲のすね毛の処理もスムーズに行えます。使い方は非常にシンプルで、すね毛をシェービングをした後で、ローラー部分を密着させてゆっくり動かすだけです。そのため、機械が苦手な人でも問題なく使用できるでしょう。

商品名 レイボーテメンズフラッシュZERO
会社名 ヤーマン
価格 49,500円 (税込)
脱毛可能範囲 全身
照射レベル 5段階
最大照射回数

関連ページ:【レイボーテ 口コミ】へ内部リンク

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・脱毛ラボホームエディション

脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロンと同じ効果を、自宅でも実現できるように考えて作られた脱毛器です。VIOやひげも含めて、全身を対象に使用することができ、もちろんすね毛の脱毛にも使えます。そして、太い毛であっても問題なく対応できるので、すね毛が濃い人でも使用可能です。本体は非常に単純な構造で、電源ボタンと、光を照射するショットボタンのみとなっています。そのため、複雑な操作は必要なく、手軽に使用できます。連続照射機能も搭載されているため、すね毛を脱毛する際には、ただ本体を移動させるだけで済みます。こまめにショットボタンを押す必要はありません。また、使用する際に、ジェルなどを使用する必要はなく、デリケートな部分でなければ冷却もせずに済みます。すね毛であれば、じんわりとした温かみを感じる程度で、痛みを伴うことはまずありません。

商品名 脱毛ラボホームエディション
会社名 脱毛ラボ
価格
脱毛可能範囲
照射レベル
最大照射回数

関連ページ:【脱毛ラボホームエディション 口コミ】へ内部リンク

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・ホームクリア

ホームクリアは、照射エネルギーの強さが特徴的な脱毛器です。1照射当たり10.8ジュールという高エネルギーで、しっかりと脱毛が行えるように作られています。それでいて、1回の照射にかかるコストは、およそ0.06円と、非常に安いです。そのため、コストパフォーマンスが高いです。そして、男女兼用なので、太くて濃いすね毛に対しても問題なく使用できます。粘膜以外であればひと通り対応できるため、1台で全身の脱毛ケアが可能です。また、複数のモードが用意されているのが特徴で、ボタンを長押しすると15分間照射を続けることができます。そのため、毎回ボタンを押すことなく、本体を動かすだけですね毛の脱毛が可能です。その上、本体に冷却機能があるため、事前に冷却ジェルを塗るような準備が必要ありません。

商品名 ホームクリア
会社名
価格 59,760円
脱毛可能範囲 全身
照射レベル 5段階
最大照射回数 100万回

関連ページ:【ホームクリア 口コミ】へ内部リンク

メンズのすね毛脱毛におすすめの家庭用脱毛器・スムーズスキンbare

スムーズスキンbareは、照射できる回数の多さが特徴の脱毛器です。1分間で、100回の照射を行うことができます。1回照射するごとに、エネルギーをチャージしたり、本体を冷却したりする時間がありません。さらに、電源を入れてから、数秒で使用できるようになります。そのため、すね毛の脱毛もスムーズに行えて、かかる時間は短く済むでしょう。また、スキントーンセンサーが搭載されているという特徴もあります。センサーが肌の色を読み取り、照射できる場合にのみ稼働します。使用できない場合は稼働しないので、誤照射を防げます。そのセンサーが使える部分は限られますが、脚は対象に含まれるので、安心してすね毛の脱毛に用いることができます。光の出力調整はできませんが、肌への負担は少なめです。少し弾かれる感触がある程度で、痛みを感じずに済みます。

商品名 スムーズスキン bare smart
会社名 CyDen株式会社
価格 38,500円(税込)
脱毛可能範囲 全身
照射レベル 2モード
最大照射回数 100万回

関連ページ:【スムーズスキン 口コミ】へ内部リンク

>>家庭用脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

メンズのすね毛を薄くする方法・おすすめのサロン&クリニック&家庭用脱毛器まとめ

メンズのすね毛を薄くする方法を器具のメリット・デメリットとともに詳しく解説してきました。
合わせておすすめのサロン&クリニック&家庭用脱毛器もご紹介しました。
メンズのすね毛のお手入れ方法はいくつもありますが、それぞれ用途がやや異なってくるので、期間やコストなどを考えて自分にあったやり方でお手入れしていくのがおすすめです。
おすすめのサロンやクリニックはメンズ専門の店舗を紹介しました。
メンズ専門だからこそ、男性特有のすね毛やムダ毛の悩みにダイレクトに解決してもらえます。
家庭用脱毛器だとサロンやクリニックに比べて効果が出るまでに時間がかかりますが、自宅でいつでも好きな時にお手入れできる大きなメリットもあります。
コストもサロンやクリニックに比べるとお手軽です。
自宅でマイペースですね毛をお手入れしたいなら家庭用脱毛器がおすすめです。

>>美容と健康トップページに戻る