【ミュゼプラチナムの予約変更】ミュゼの当日キャンセルと予約キャンセルと遅刻

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法について紹介します。
ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法は全部で以下の3つの方法があります。

  • 会員サイト
  • アプリ
  • 電話

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ミュゼ会員であれば全ての予約変更・キャンセル方法を知っておくととても利便性が高まります。
忙しいときや急を要するときは電話で、じっくり希望日時の空き時間を確認したいなら会員サイト、キャンセル待ちをしたいならアプリといった感じで使い分けできます。
無料カウンセリングの予約変更・キャンセル方法は「電話」「インターネット」の2つの方法です。
電話に関しては、ミュゼ会員の予約専用ダイヤルとは異なるので間違えないよう注意が必要です。
以下でそれぞれ詳しく解説しています。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

会員サイトで可能 ・無料カウンセリング
・お手入れ(施術)

会員サイトを利用したミュゼの予約変更・キャンセルの方法の方法を紹介します。
まず会員サイトでは、 無料カウンセリングと脱毛施術お手入れの予約の変更キャンセルが行えます。
脱毛の施術については予定の変更キャンセルは施術予定時間の24時間前までという決まりがあります。
この時間は電話インターネット公式アプリどの手続き手段であっても変わらないので、 予定の変更やキャンセルをすることが決まったら必ず24時間前までに会員サイトで手続きを行っておきましょう。
無料カウンセリングの予約の変更キャンセルについては、 無料カウンセリングの予約をした時に返信された予約確認のメールの中に「予約変更キャンセル」といった URL があるので、 そちらをクリックして手続きを行うことができます。
施術の予定変更キャンセルについては会員サイトにログインすることで手続きが行えます。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

公式アプリ(ミュゼパスポート)で可能 ・お手入れ(施術)のみ

公式アプリ(ミュゼパスポート)を利用したミュゼの予約変更・キャンセルの方法の方法を紹介します。
ミュゼパスポートを使って手続きを行う場合は、 脱毛施術の予約変更キャンセルしかできません。
公式アプリのミュゼパスポートは脱毛サロンミュゼプラチナムに契約した人しか使えないものなので 、 まだミュゼプラチナムに 契約していない方は公式アプリも使えないので無料カウンセリングでは予約の変更キャンセルに使うことができません。
無料カウンセリングの予約の変更キャンセルをしたい方は、 インターネットでミュゼプラチナムの公式サイトから行うか予約確認メールの中にある予約変更キャンセルの URL をクリックするか、 もしくは電話で無料カウンセリングの予約の変更キャンセルを行ってください。
その際の電話番号は、コンシェルジュデスク:0120-965-489です。
受付時間は10:00~19:00年中無休。

>>【100円脱毛キャンペーン中】公式サイトはコチラ

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

電話で可能 ・無料カウンセリング
・お手入れ(施術)
※受付時間(9:00~18:00)のみ

電話を利用したミュゼの予約変更・キャンセルの方法の方法を紹介します。
電話を利用した場合は、 無料カウンセリング・ 脱毛施術の予約、 どちらでも予約の変更キャンセルのお手続きが行えます。
公式サイトや公式アプリミュゼパスポートの場合は24時間お手続きが行えますが、 電話の場合は受付時間内でしかお手続きをすることができません。
受付時間は10時から19時、 年中無休で対応してくれます。
電話番号は0120-965-489。
無料カウンセリング、施術予約、どちらも同じ電話番号で予約の変更・キャンセル手続きが行えます。
電話の場合は、時間帯によってはすぐに電話がつながらない可能性もあるので、時間に余裕をもって電話するか、混雑する日時を避けて電話するのがおすすめです。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼの無料カウンセリングの予約変更・キャンセル方法について紹介します。
無料カウンセリングの予約の変更やキャンセル方法は2種類あります。
一つ目の手続き方法は電話です。
ミュゼには、会員がお手入れの予約に使うための予約専用ダイヤルと無料カウンセリング用の専用ダイヤルの二つがあります。
無料カウンセリングの予約変更やキャンセルするときに使う電話は、 無料カウンセリング用の専用ダイヤルの方です。
無料カウンセリング用の予約専用ダイヤルの受付時間は10時~19時なので、 その受付時間帯に電話していただければ OK です。
2つ目の手続き方法はWebでの手続きです。
美容脱毛サロンミュゼプラチナムの公式サイトまたは、ミュゼ公式アプリのミュゼパスポートで 予約の変更やキャンセルの手続きが行えます。

>>【ミュゼプラチナムは予約取れない?】アプリで簡単!予約や空き状況の確認方法

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナムの予約変更

多くの脱毛サロンでは予約変更するとキャンセル料が発生するケースがあります。
急な仕事が入ってしまったり、生理など体調不良でサロンに行けなくなってしまった、プライベートで予定が入ったなど、どうしても予約変更しなければならないことがあります。
そんなときミュゼでも予約変更するとキャンセル料が発生してしまうのでしょうか?
ちなみに脱毛サロンでのキャンセル料や予約が取れにくく成ったりすることは「ペナルティ」呼ばれています。
ここではミュゼプラチナムでは予約変更をした場合キャンセル料がかかるのか?ミュゼのペナルティはどのようなものがあるのか?そもそもペナルティがあるのか?について詳しく紹介します。
これからミュゼプラチナムに通うかどうか迷っている方にとても役立つ内容となっています。

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

脱毛サロンに限らず美容院や 整体矯正と言った予約を取ってから施術を受けに行くところに予約をする際に気になるのが、 予約変更やキャンセルに対するペナルティ(キャンセル料)ではないでしょうか。
多くのこういった系列のお店では、 予約の変更に関してはペナルティがあるお店は少ないですが、 キャンセルに関してはキャンセルをした日にもよりますが、 ペナルティとしてキャンセル料をいただいているお店も多くあります。
脱毛サロンミュゼプラチナムではペナルティキャンセル料についてはどうかと言うと、 基本的にキャンセル料は頂いておりません。
予約変更もキャンセルに対してもペナルティはないので、 当日無断キャンセルをしたとしてもキャンセル料はかかりませんが、 店舗側に非常に迷惑をかけてしまうので、 キャンセルする際は必ず連絡を入れましょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

美容脱毛サロンミュゼプラチナムでは、 予約の変更やキャンセルをした場合でもペナルティなし(キャンセル料がかからかい)とお伝えしました。
ただし当日キャンセルの場合は少々変わってきます。
キャンセル料として別途お金をいただくということはないのですが、当日受ける予定だったお手入れ分が消化されてしまいます。
当日キャンセルによって消化されたお手入れ部分に関しては、 解約時の返金対象にならないので注意が必要です。
24時間前までにキャンセルの連絡を入ればお手入れぶんの予約が消化されてしまうことはありません。
脱毛サロンミュゼプラチナムでは予約の変更だけでなくキャンセル手続きに関しても公式サイトや公式アプリのミュゼパスポートで行うことができます。
キャンセルが分かり次第早めに手続きをしておく事をお勧めします。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

当日キャンセルをするとその日のお手入れ文は召喚されてしまう、とお伝えしましたが、 脱毛サロンミュゼには回数保証制度があるので契約期間内であれば消化されたぶんも含めてお手入れを受けることができます。
なので当日キャンセルをしても当日のお手入れぶんは消化されてしまいますが、 回数保証制度により必ず決まった回数の脱毛施術が受けられるので、 実質当日キャンセルをしてもペナルティはないといえます。
そうは言っても当日キャンセルは店舗側に非常に負担をかけてしまうので、 出来る限り当日キャンセルはしないことをおすすめします。
鉄門を効率よく早く終わらせるにはあまり間隔を空けずに脱毛サロンに通うことが重要です。
脱毛が終わるまではなるべく脱毛サロンに通うことを優先するのがおすすめです。

ミュゼの契約期間について

脱毛サロンミュゼプラチナムの契約期間について紹介します。
ミュゼの契約期間は、2016年6月1日以降に 契約したコースについては、 契約期間は一律3年と決められています。
ただし一定の条件を満たした場合は契約期間を最長5年まで延長することが可能です。
その条件とは、 契約期間の2年目以降に1度でもお手入れしたら1年間延長されます。
さらに延長期間中に一度でもお手入れをしたら、 さらに追加で1年間延長されて最長5年間の契約期間となります。
2016年6月1日以前に契約したコースに関しては、 契約期間が違う場合があるので詳しくは公式サイトからお問い合わせいただくことをお勧めします。

ミュゼの回数保証制度について

脱毛サロン・ミュゼプラチナムの「回数保証制度」について紹介します。
回数保証制度とは、 当日キャンセルしても回数消化にならず保証期間内=契約期間内であれば契約した回数文は脱毛ができるという制度です。
ミュゼに限らず脱毛サロンは長期間通う方が多いもの。
いくら契約期間が決まってるとはいえ、 急な仕事だったり生理などの体調不良でどうしてもキャンセルしてしまうこともありえます。
ミュゼならそういった理由であっても当日キャンセルぷんが回数消費されないので安心です。
ただし万が一契約期間内で途中解約した場合は、 当日キャンセルした文は返金されないのでその点だけ注意が必要です。

>>家庭用脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼプラチナムの当日キャンセルについて紹介します。
多くの脱毛サロンでは当日キャンセルはが不可だったり、かなりの金額のキャンセル料がかかったりすることもあります。
ミュゼでもそのようなキャンセル料がかかったりするのか?当日キャンセルが可能かどうか気になるところ。
また予約変更やキャンセルはいつまでに連絡すれば手続き可能なのかについても詳しく解説しています。
当日キャンセルに該当しなければペナルティを受けることもありませんし、事前に連絡することで店舗への負担も減らすことができます。
ミュゼに限らず脱毛サロンは長い付き合いになるものです。
当日キャンセルして店舗に迷惑をかけて通いにくくなったりすることがないように、当日キャンセルについてもしっかり理解しておくことをおすすめします。

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前まで可能です。
予約変更・キャンセルのお手続きは、電話・インターネット(公式サイト)・公式アプリ(ミュゼパスポート)で行えます。
どのお手続き方法も、予約変更・キャンセル可能時間は同じで24時間前までです。
インターネットや公式アプリは24時間手続きできるのですが、電話は10時から19時までの受付時間内に限られます。
しかも、混みあっていると便利です。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

ちなみに当日キャンセルに該当するものは一体どのようなものでしょうか。
一つは、 お手入れ開始時間までに来店がないといった場合です。
これは無断キャンセルにもなり、 お店側としても一番困る当日キャンセルになります。
連絡もなく来店されないと、 お店側としてはお客様に何か事故でもあったではないかと気をもむことになりますし、 何より連絡がないのでキャンセル待ちのお客様に連絡することもできません。
ミュゼとしてもボランティアで脱毛施術をしているわけではなく、 しっかりとお金を頂いてビジネスとして脱毛を行っています。
連絡も無く来店されない当日キャンセルは、 お店としてはただ無駄な時間を作ってしまうだけなので、 お店に迷惑をかけないよう必ず連絡をしましょう。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

二つ目の当日キャンセルに該当するものとしては、 お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルです。
当日キャンセルをしてしまうと回数消化はされないのですが、 万が一途中解約をした場合当日キャンセルした分は 返金されなくなってしまいます。
途中解約する気がないという方はあまり気にされないかもしれませんが、 家庭の都合や仕事の都合で海外に行くと言った場合などは解約をせざるを得ないことも考えられます。
このように万が一のケースを考えて、 予定の変更やキャンセルすることが決まったら出来る限り24時間前に連絡するようにしましょう。
公式アプリは公式サイトからであれば24時間いつでも手続きができます。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

当日キャンセルなら連絡してもしなくてもお店にとっては変わらないんじゃないの?
と思っている方多いかもしれません。
確かに当日キャンセルをするとすぐに予定の変更などはできないのでただ予約枠が空いてしまうだけかもしれません。
しかし脱毛サロンミュゼは違います。
ミュゼは会員専用アプリのミュゼパスポートで、 キャンセル待ちをすることが可能なんです。
ちょっとした空き時間に脱毛をしようと考えてる方も実は多く、 しかもミュゼなら会員専用アプリでスマホからキャンセル待ちの手続きをすることができます。
だからたとえ当日キャンセルであっても連絡をしてキャンセルをすることがわかると、 空いた予約枠にキャンセル待ちの方を入れることができるのでお店としても損失を避けることができます。
お店のことも考えて当日キャンセルであっても必ず連絡を入れるのがマナーと言えます。

>>【100円脱毛キャンペーン中】公式サイトはコチラ

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナムの予約変更

ミュゼプラチナムでは他の脱毛サロンのように当日キャンセルや予約変更をしても罰金のようなペナルティはありません。
「でも無断キャンセルはさすがにペナルティがあるんじゃないの?」
そこでここではミュゼの無断キャンセルはどうなるのか、について詳しく紹介します。
基本的にはミュゼプラチナムでは無断キャンセルでも当日キャンセルでも罰金のような追加料金が発生するペナルティはありません。
また無断キャンセルをしても次回予約は変わらず取ることが可能です。
ただし、無断キャンセルは店舗に迷惑をかけてしまいますし、その予約枠が完全にムダになってしまうので店舗側からすると大きなマイナスになってしまいます。
店舗のことも考慮して、無断キャンセルは絶対にしないことをおすすめします。

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

基本的に絶対いけないこと、 とわかっていてもつい忙しさにかまけてミュゼにキャンセルの連絡を入れ忘れてしまうこともあると思います。
こういった場合無断キャンセルになってしまうのですが、 連絡がなくキャンセルをしてしまった場合でも当日キャンセルと同じ扱いになるのでしょうか?
答えからすると無断キャンセルの場合でも当日キャンセルと同様に扱われます。
ミュゼの会員としては無断キャンセルでも当日キャンセルでも同様にみなされるので特に変わりはないのですが、 店舗からするとキャンセルの連絡があるないが大きく変わってきます。
キャンセルの連絡があれば当日キャンセルであってもミュゼならキャンセル待ちをしている会員さんがいる可能性があるので穴埋めをすることができます。
しかし無断キャンセルだとキャンセル待ちの人に連絡をすることもできないので、 ただの空き時間となってしまい損失を負うことになります。
お店側の迷惑も考えてキャンセルする場合はたとえ5分前であっても必ず連絡をするようにすることをお勧めします。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

一般的な脱毛サロンや医療脱毛クリニックだと、 無断キャンセルをするとペナルティが発生してお金を取られるといったイメージがあると思います。
脱毛サロンミュゼプラチナムでは無断キャンセルでもペナルティは発生しません。
しかも回数消化もされないんです。
「それなら無断キャンセルし放題じゃん」
と悪い考えを持ってしまう方もいるかもしれませんが、 無断キャンセルは店舗にとって非常に迷惑をかけてしまうのでマナーとして無断キャンセルはやめましょう。
またペナルティや回数消化はありませんが、 万が一途中解約をした場合無断キャンセルした文は返金されないのでその点だけ注意が必要です。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

「無断キャンセルしてもペナルティはないし回数消化もされないのはわかったけど、 結構悪いことをしたから次回予約が取れないんじゃ」
と不安になる方もいると思います。
そんな不安になるくらいなら無断キャンセルせずに必ず店舗に連絡を入れることをお勧めしますが、 事故だったり身内の不幸があったりしてどうしても連絡ができずに休んでしまったというケースもあります。
脱毛サロンミュゼプラチナムでは無断キャンセルをした場合でも次回予約は特に問題なく取ることができます。
電話インターネット公式アプリどの方法でも時間予約は取れますのでご安心ください。
ただし次は無断キャンセルがないように時間に余裕を持って行ける日時を選ぶことをお勧めします。

>>【100円脱毛キャンペーン中】公式サイトはコチラ

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナムの予約変更

脱毛サロンは長期間通うものなので、通っている最中に生理の時期とかぶってしまったりしてどうしても急にキャンセルをしなければならないケースも考えられます。
そんなとき、ミュゼでは生理や体調不良が理由で急なキャンセルができるのでしょうか?
結論からすると生理や体調不良などで急にキャンセルした場合は、当日キャンセルと同様に見なされます。

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼに限らずほぼ全ての脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは生理など体調が悪い時には脱毛施術をオススメしておりません。
なので生理などでも急なキャンセルを行うことができます。
ただし施術予定時間の24時間前を過ぎてしまった場合は、 例え生理や病気怪我といった体調不良が原因でのキャンセルであっても当日キャンセルと同様にみなされてしまいます。
もちろんミュゼには当日キャンセルによるペナルティなどないので当日キャンセルでも途中解約をしない限りは損をすることはありません。
それでも生理や体調不良の場合は前日でもなんとなくわかると思うので、 不安な場合は24時間前に連絡をすることをお勧めします。
また体調不良の時に無理して受けると肌トラブルが起きる可能性が高くなりますし、 何より照射時の痛みがかなり強くなるのであまりお勧めは出来ません。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

脱毛サロンミュゼでは、 生理中はデリケートゾーンである VIO ラインの施術をすることはできません。
これはミュゼに限らずどの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも同じだと思われます。
生理中などの体調が優れないときは、 脱毛照射をすると肌トラブルが起きやすくなりますし何より痛みを強く感じやすくなっています。
VIO ラインのようなデリケートゾーンは通常の体調であっても腕や足に比べて肌が弱いので肌トラブルが起きやすい部分です。
肌トラブルが起きてしまうと完治するまで施術を受けることはできず、 脱毛完了まで時間がかかってしまいます。
生理など体調不良の時は無理せず休むことをお勧めします。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

脱毛サロンミュゼプラチナムは、 他の脱毛サロンや医療脱毛クリニックに比べて脱毛コースの種類が豊富にあります。
その中でも特に人気のコースが、 両ワキ+ V ライン脱毛完了コースです。
人によっては V ラインは他人から見えないから気にならないので、 両ワキの脱毛だけしてほしいと言った方もいると思います。
両ワキ+ V ライン脱毛完了コースは、 とてもお値段がお得なコースなので、 両脇だけ V ラインだけのパーツ脱毛をするよりもお得な場合があります。
そのため両ワキ+ V ライン脱毛完了コースを申し込んで両ワキの施術だけ行って欲しいという方もいるのですが、 このコースで両脇だけの施術はできないので申し込む際に注意が必要です。
ミュゼではキャンペーンや各種割引などが期間限定で行われていたりもするので、 コースによっては両脇だけのお得なコースがあることも考えられます。
契約の際にいろいろと説明を聞いて検討するのが良いでしょう。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼの全身美容脱毛コースは VIO の施術のみ別の日に振替をすることができます。
VIO のようなデリケートゾーンは、 体の他の部分に比べて非常に繊細な部分で刺激にも弱いです。
そのためちょっとした体調不良や寝不足、 疲労の蓄積などがあってもかなり痛みを感じやすかったり粘膜部分に軽い肌トラブルや炎症などが起きてしまうこともあります。
そのため VIO 以外の部分は施術できても VIO だけできないといった日もあります。
そういった時のためにミュゼの全身美容脱毛コースは VIO の施術だけ他の日に振替をすることができるといったサービスを提供しております。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

女性なら誰しも生理中の辛さや体調の変化を身にしみてご存知かと思います。
特に生理中は肌の調子が不安定になり化粧ノリが悪くなったりすることも経験しているのではないでしょうか。
生理中は肌だけでなく全身に様々な影響が出ているので脱毛施術のような刺激の強いことはあまりお勧めできません。
肌トラブルが起きる可能性が非常に高くなりますし、 痛みも普段よりも強く感じてしまいます。
無理やり施術をしても痛みが強いから普段よりも弱い出力で照射することになりますし、 肌トラブルが起きてあまり脱毛の効果を実感できないかもしれません。
生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめです。

>>【100円脱毛キャンペーン中】公式サイトはコチラ

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

美容脱毛サロン・ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめてきました。
ミュゼプラチナムはインターネット・電話・公式アプリで予約変更・キャンセルのお手続きを行うことができます。
予約変更・キャンセルによるペナルティはなく、回数消化もされません。
ただし施術予定時間の24時間前を過ぎてしまうと、当日キャンセルとなり途中解約をした場合、当日キャンセル分は返金されないので注意してください。
また体調不良で当日キャンセルをしても、途中解約をした場合当日キャンセル分は返金されません。
体調が怪しいときや生理が近いときは、早めに予約変更・キャンセルの連絡を入れておくのがおすすめです。
体調不良のときに無理して施術を受けても、効果はいまいちですし肌トラブルが起きて脱毛完了までに時間がかかってしまう恐れもあるので、体調不良のときは無理をしないのがおすすめです。

>>【ミュゼの口コミ】効果や料金と通い放題と医療脱毛

>>美容と健康トップページに戻る