【キレイモのシェービング】背中やvioの自己処理はどこまで?

キレイモのシェービングサービス/シェービング代や剃り残しの対応

キレイモのシェービング

キレイモのシェービングサービスの対象範囲

キレイモのシェービングサービスの対象範囲について紹介します。
シェービングサービス対象範囲は以下の4箇所です。

無料シェービングサービス対象範囲 背中・うなじ・ヒップ・Oライン

上記の4箇所は自己処理が難しい部位なので、自己処理をせずに来店しても脱毛施術前にキレイモのスタッフが無料でシェービングをしてくれます。
もちろんご自身で自己処理をしてきても良いのですが、上記の4箇所は背面で直視することが難しい、不可能な部位なので、自分でシェービングしようとすると肌を傷つけてしまう恐れもあります。
キレイモのスタッフはシェービングも慣れているので、プロに任せた方がキレイに仕上がりますし、キレイにシェービングすることで脱毛効果もアップします。
自己処理が難しい4部位以外に剃り残しがあった場合、シェービング補助をしてくれますが、こちらは有料になります。
また剃り残しが多いと施術ができなかったり、施術時間が短くなってしまうケースもあるので注意が必要です。

キレイモの剃り残しや自己処理忘れの対応について

キレイモの剃り残しや自己処理を忘れた時の対応について紹介します。
脱毛する部位の剃り残しがあると照射することができないのでキレイモのスタッフがシェービングをしてくれます。
ただし無料ではなく有料です。
金額は剃り残しが見つかった部位の数に限らず1100円(税込)です。
どれだけ剃り残した場所があったとしても1100円以上かかることはありません。
キレイモは短時間で全身の脱毛施術を終えることができますが、 剃り残しがあるとシェービングで時間を取られてしまうのでしっかりと自己処理をしていくことをお勧めします。
自分で 自己処理をするのが難しい部位については、キレイモで シェービングをしてくれます。
こちらは無料です。
無料でシェービングをしてくれる部位は、背中・うなじ・ヒップ・Oラインの 4箇所です。

キレイモのシェービング代について

キレイモのシェービング代について紹介します。
キレイモのシェービング代は一律1100円(税込)です。
ただしメニューとしてシェービングがあるわけではなく、あくまで剃り残した部位や自分自己処理をするのが難しい場所のシェービング補助になります。
基本はキレイモに脱毛に来る前に、自分でできる範囲はしっかり自己処理をしていくことをお勧めします。
シェービングをしてくれる部位は、お背中・うなじ・ヒップ・Oラインといった自分で剃るのが難しい場所。
自己処理を忘れてしまったり、剃り残しがあると1100円かかってしまうのですが、どれたけ剃り残しがあっても1100円以上かかることはありません。

学割プランでもシェービング代は無料

「学割プランはかなりお得な料金だからさすがにシェービング代ぐらいはかかるんじゃないの?」そう思われる方も多いでしょうが、キレイモでは学割プランでもシェービング代は無料です。
ただしシェービング代が無料なのは自分で自己処理をすることが難しい部位4箇所、ヒップ・Oライン・うなじ・背中だけです。
それ以外の箇所は基本的に自己処理をしてからキレイモに伺うことを推奨していますので、脱毛の施術をする時に先ほどの4か所の部位以外に剃り残しが見つかるとキレイモでシェービングをすることになります。
その際は無料ではなく有料でシェービングを行うことになります。
料金は1100円税込です。
せっかくお得な学割プランですから自己処理を忘れて余計なシェービング代を出す必要がないように 事前に自己処理をしていきましょう。

>>【100円で脱毛!?】初心者おすすめの脱毛サロンはコチラ【期間限定】

キレイモの施術前にシェービングが必要な理由について

キレイモのシェービング

シェービングが必要な理由1・脱毛効果を高めるため

1つ目のシェービングが必要な理由として、脱毛効果を高めるためということが挙げられます。
キレイモで使用している脱毛機は光脱毛方式でムダ毛の根元である毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得る仕組みです。
そのため肌の表面に毛が残っていると毛が邪魔してしまい肌の深層にある毛根に光が届きにくくなってしまうのです。
光が毛根に届かないと脱毛効果が下がってしまいます。
同じ出力で照射しても肌にムダ毛が残っているかいないかで大きく脱毛効果に差が出てきます。
キレイモで脱毛効果をしっかり実感したいなら、脱毛施術の前にシェービングを丁寧に行っていきましょう。

シェービングが必要な理由2・痛みを軽減するため

2つ目のシェービングが必要な理由として、痛みを軽減するためということが挙げられます。
キレイモの光脱毛はムダ毛の根元に届く強い光を当てることで毛根にダメージを与えて脱毛効果を得ていく仕組みです。
キレイモで使用している脱毛器の光はムダ毛の黒い色素であるメラニン色素に作用します。
そのため毛根だけでなく、肌の表面にあるムダ毛にも反応してしまいます。
脱毛器の光がメラニン色素に反応すると強い熱を発するので痛みが伴います。
シェービングが甘いと肌の表面にもムダ毛がたくさん残っており痛みが強くなってしまいます。
痛みが苦手な方はキレイモで脱毛施術を受ける前に丁寧にシェービングをすることで痛みを軽減させることができます。

シェービングが必要な理由3・肌トラブルを避けるため

3つ目のシェービングが必要な理由として、肌トラブルを避けるためということが挙げられます。
キレイモの脱毛器の光は毛根の毛乳頭だけでなく肌の表面にあるムダ毛にも反応してしまいます。
光を照射する時に肌の表面に剃り残しがあると痛みが強くなるだけでなく肌の表面に軽いやけどをしてしまうこともあります。
火傷だけでなく赤みやかゆみといった肌トラブルが起きる可能性も非常に高くなります。
一度肌トラブルが起きてしまうと完治するまで照射することができなくなってしまいます。
脱毛間隔が空いてしまうと脱毛効果が下がってしまいますし脱毛完了までの期間も長くなってしまいます。
シェービングするだけで肌トラブルを避けることができるのでキレイモに通う前はしっかりとシェービングで自己処理をしておきましょう。

>>【100円で脱毛!?】初心者おすすめの脱毛サロンはコチラ【期間限定】

キレイモの脱毛効果を高めるシェービングの方法や注意

キレイモの施術1~2日前に自己処理をしましょう

キレイモの脱毛効果を高めるシェービングの注意点として、 施術の1日から二日前に自己処理をしておくことです。
シェービングをする時にカミソリではなく電気セーバーを使った方が肌への負担が少ないのですが電気シェーバーで事故処理をしたとしても肌の表面には目に見えない細かな傷がついてしまいます。
キレイモの脱毛は光を照射することでムダ毛にダメージを与えていく方式です。
肌へのダメージが少ないタイプの光ではありますが、肌の表面に細かな傷があるとどうしても肌トラブルが起きる可能性が高くなってしまいます。
肌の表面の細かな傷はよほど体調が悪かったり不規則な生活をしていなければ1日か2日も経てば十分治ってしまいます。
また1日から二日ではムダ毛も生えてきませんし、少し生えてきたとしても脱毛施術に問題ない程度です。
それよりも肌の表面が傷がないことの方が脱毛効果を高めるのに効果的です。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法1・電気シェーバーを使用

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法として電気シェーバーを使用することが挙げられます。
テーピングの方法はさまざまあります。
T 字カミソリ・ 毛抜き・電気シェーバーこの3つが主なシェービング方法ですが、キレイモで脱毛前の事故処理のシェーディングとしておススメなのは電気シェーバーです。
毛抜きは毛根ごと抜いてしまうので肌のダメージが大きいだけでなく光脱毛の効果がほとんどなくなってしまいます。
T 字カミソリは電気シェーバーより綺麗に肌の表面のムダ毛を剃ることができますか、肌を傷つけやすいというリスクもあり肌のダメージも電気シェーバーよりかなり大きくなってしまいます。
毛根がなくなってしまったり肌のダメージが大きいと脱毛効果が十分に得られないだけでなく、肌トラブルが起きる可能性も高くなるので安全にセーリングができる電気シェーバーの使用を推奨します。

カミソリや毛抜きでの自己処理はNG

キレイモで脱毛前にシェービングをする時の注意点としてカミソリや毛抜きでの自己処理はやめておくことです。
どちらもムダ毛の処理としてはしっかりとムダ毛を剃ることができたりムダ毛をなくすことができます。
ただし光脱毛前の自己処理としてはどちらもお勧めできません。
まず毛抜きがお勧めできない理由ですが、キレイモの光脱毛は毛根の黒い組織であるメラニン色素に光を当てて熱ダメージを与え毛を生えなくさせる仕組みです。
そのため毛抜きで毛根ごと抜いてしまうと脱毛効果がほとんど得られなくなってしまいます。
T 字カミソリは肌の表面のムダ毛を綺麗に剃ることができますが、同時に肌を傷つけやすいというリスクもありますし何より肌へのダメージがかなり大きいのです。
そのため T 字カミソリで自己処理をした後に光を照射すると痛みは強いだけでなく肌トラブルが起きやすくなると言う危険性もあります。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法2・自己処理後はしっかり保湿をする

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法として自己処理後はしっかりと保湿をすることをお勧めしています。
「脱毛器で光を照射した後は保湿をしっかりしてるけどなんで自己処理の後も保湿が必要なの?」
そう思われる方も多いと思います。
先ほど T 字カミソリや毛抜きで自己処理をすると肌のダメージが大きいとお伝えしましたが、 肌の負担が少ない電気シェーバーでシェービングをしたとしてもやはり肌のダメージが多少なりとも出てしまいます。
シェービングによってできた花細かい傷を放置してしまうと雑菌が入ってしまったりして肌トラブルに繋がります。
そのような肌トラブルを避けるために保湿をすることで肌のバリア機能が回復し余計な肌トラブルを避けて脱毛効果を高めることができます。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法3・施術直後の自己処理はNG

シェービングは脱毛の効果を高めるためにキレイモに通う前に自分で事故処理をしておくことはとても重要です。
ただし自己処理で行うシェービングはタイミングを間違えてしまうと逆効果になってしまうので注意が必要です。
キレイモで脱毛施術を行う前に自己処理として行うシェービングは脱毛効果をアップさせることに効果的です。
しかし施術直後に自己処理としてシェービングを行うことは NG 行為なので気をつける必要があります。
脱毛施術直後の肌は見た目には施術前と大きく変わりはありませんが、 目に見えないだけで細かな傷がたくさんできています。
そのため脱毛直後で毛が残っているから製品をしようと思い自己処理をしてしまうと、 傷ついてダメージを負っている肌にさらにシェービングでダメージを与えてしまうので肌トラブルの大きな原因となってしまいます。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法4・VIOの自己処理にはVラインプレートがおすすめ

VIO ラインの 脱毛効果を高めるシェービング方法として V ラインプレートを使って自己処理をすることがお勧めです。
つるつるのハイジーナにする場合は必要ありませんが、 VIO 脱毛で特に V ラインを脱毛する時はデザインを整える必要があります。
その際目見当で V ラインの自己処理をしてしまうと左右対称にするのを難しくどうしてもいびつな形になってしまいます。
いびつな形に自己処理をしてしまうとキレイモで脱毛施術をしてもらっても見栄えの良い V ラインにするのは困難です。
そうならないためにも自己処理で V ラインテンプレートを使うことでキレイモの VIO の脱毛効果を上げることができます。

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法5・ムダ毛の長さは2mmほどにする

キレイモの脱毛効果を高めるシェービング方法としてどのくらいムダ毛を剃ったらいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。
事故処理のシェービングはそれはそれほど良いと思っている方多いと思いますが、 そんなことはありません。
キレイモの脱毛効果を高めるシェービングとしてムダ毛の長さは2ミリほどにするのが一番脱毛効果を実感できる長さです。
そりすぎてしまうと肌へのダメージが大きくなってしまいますし、 事故処理が甘くムダ毛の長さが長いと照射した時に花が火傷してしまう可能性もあります。
また剃り残しがあると綺麗にもでお金を払ってシェービング補助をしてもらわなければならないということもあります。
痛みや肌トラブルを避けて余計な費用を使わないためにも自己処理で行うシェービングは2ミリ程度の長さに留めましょう。

>>【キレイモの効果】毛がなくならない?何回で脱毛効果が出る?

キレイモのシェービングサービスと他の脱毛サロンを比較

キレイモのシェービング

シェービング代やサービスを比較

脱毛サロン名 シェービング代 シェービングサービスの範囲
ミュゼ シェービングサービスなし 襟足・背中上下・ヒップ奥の剃り残しのみ対応
キレイモ 無料
※U-19応援プランは1,100円(税込)
全身
銀座カラー 無料 えりあし・背中・腰・お尻・ヒップ奥
※シェーバー持参必須
ストラッシュ 無料
※回数制のパックプランのみ無料。月額制は有料
シースリー 無料 顔・VIOのみシェーバーの持参のみ対応
ラココ 無料
※シェーバー持参のみ対応・1部位1,000円/td>
うなじ・襟足・背中
リンリン 無料 剃り残しのみ対応
ミライ シェービングサービスなし
脱毛ラボ 無料 全身

剃り残しの対応を比較

脱毛サロン名 剃り残しの対応
ミュゼ 襟足・背中上下・ヒップ奥のみ対応
キレイモ 無料でシェービングサービスあり料
銀座カラー シェーバー持参で無料対応
ストラッシュ 無料でシェービングサービスあり
シースリー 背上部、襟足のみ対応。シェーバー持参が必要
ラココ 背中・襟足のみ
リンリン 背面全て対応
ミライ なし
脱毛ラボ 有料で対応

>>【100円で脱毛!?】初心者おすすめの脱毛サロンはコチラ【期間限定】

キレイモのシェービングよくある質問

キレイモのシェービング

ハイジニーナにする場合の自己処理方法を教えてください。

ハイジニーナにする場合の自己処理方法をご紹介します。
Vラインをツルツルの無毛状態であるハイジニーナの脱毛施術をする場合の自己処理には電気シェーバーを使います。
まず電気シェーバーでVライン全ての毛をシェービングします。
Iラインも全ての毛をシェービングしていきます。
Iラインは直視しにくい場所なので、鏡を見ながら慎重に電気シェーバーで剃っていきます。
粘膜などのデリケートな部分が近いので粘膜にあたらないように布などをあてて行うのがおすすめです。
Oラインは自己処理が難しい部位なので、キレイモではシェービング補助をしてくれます。
Oラインは無料でシェービングいたしますので、ムリにご自身でシェービングしていただく必要はありません。

Iラインを上手に自己処理する方法を教えてください。

Iラインは直視するのが位置的に難しい部位なので自己処理をするのが大変といったお声をいただいております。
キレイモではOラインはシェービング補助サービスを行っておりますがIラインは対応していないので、お客様ご自身で自己処理をしていただく必要があります。
まず鏡をご準備いただいて、鏡を見ながら電気シェーバーを使ってシェービングしていただく方法を推奨しております。
その際鏡は手にもって自己処理するのではなく、床に立ててもらうと両手が使えるので安全にIラインの自己処理が行えます。
床に立てられる鏡がない場合は、イスの上に鏡をおいていただいてその上に片膝を立ててIラインを見ながらシェービングしていただく方法でもIラインを上手に自己処理することができます。
ぜひお試しいただければと思います。

ワックスや毛抜きでの自己処理がNGな理由を教えてください。

キレイモの光脱毛はムダ毛の毛根にある毛乳頭という毛が生えるための核となる部分に光を当てて熱ダメージを与えることで毛を生えにくくする仕組みです。
そのためキレイモの光脱毛で効果を実感するためには毛根が残っていることが必要条件となります。
ワックスや毛抜きで自己処理をしてしまうと、毛根までなくなってしまいます。
毛根がない部分にいくら光を照射しても全く脱毛効果を得ることができません。
上記のような理由でワックスや毛抜きでの自己処理はNGとしています。
またワックスや毛抜きで毛根から自己処理してしまうと肌への負担も大きくなります。
肌の負担が大きくなると脱毛照射したさい、肌を傷つけて肌トラブルの原因となってしまう危険性もあるので注意が必要です。

キレイモの自己処理でおすすめの電気シェーバーはありますか?

キレイモでは自己処理の必需品として電気シェーバー含めたシェービングセットを販売しております。
「キレイモスターターキット」として電気シェーバーの「KIREIMO SMOOTH BODY SHAVE」とナチュラルモイスチャーローション・ナチュラルモイスチャージェルの3点セットです。
もちろんご自身でお使いの電気シェーバーがあればそちらをご利用いただいても問題ありませんが、キレイモの電気シェーバーだと自己処理しやすい形状になっており、カートリッジを交換することで様々な部位の自己処理が簡単かつ肌への負担も少なく行えます。
セットのローションとジェルを併用していただくことで、自己処理による肌へのダメージも軽減し、保湿ケアもしっかりと行えるので脱毛効果を高める効果も期待できるのでおすすめしております。

>>家庭用脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

キレイモのシェービング・自己処理まとめ

キレイモのシェービング・自己処理についてまとめてきました。
キレイモでは基本的にシェービングは行っていませんが、剃り残しや自己処理しずらい部位についてはシェービングの補助を行っております。
剃り残し対応は有料で1,100円(税込)で、何部位あっても値段は変わりません。
ただし剃り残しの処理に時間がかかってしまうと、施術時間が短くなり全身の脱毛施術ができなくなってしまう恐れもあります。
自己処理が難しい4部位(背中・うなじ・ヒップ・Oライン)は無料でシェービングをしてもらえます。
自己処理は電気シェーバーを使うのがおすすめで、肌への負担を減らすことで痛みを軽減し施術が受けやすくなるだけでなく脱毛効果も高めることができます。
脱毛サロンごとにシェービング対応はサービス内容が変わってくるので脱毛サロンを選ぶ際はシェービングや剃り残し対応もチェックすることをおすすめします。
キレイモは剃り残しも対応していますし、部位によっては無料でシェービングしてくれるのでおすすめです。

>>美容と健康トップページに戻る

>>【キレイモの口コミ】脱毛の効果は?全身脱毛の値段は?