家庭用脱毛器でおすすめ!人気の安い日本製の脱毛器

安い家庭用脱毛器を買う時の注意点

家庭用脱毛器でおすすめの安い日本製

安い家庭用脱毛器を買う時の注意点について紹介します。
脱毛器はけして安いものではありません。
購入するなら1円でも安いものを買いたい、という気持ちもよく分かります。
ただし安いものがいいからといって値段だけで脱毛器を決めてしまうと、すぐ故障したりVIOに対応していなかったりと安物買いの銭失いとなってしまうことも。
ただ安いとおすすめされているからといって選んでしまうのは避けたいところ。
そこでここで安い家庭用の脱毛器を買う時の注意点で特に注目すべき以下の4点について紹介します。

  • 安い外国製の脱毛器はメーカー保証がないケースがある
  • 安い外国製の脱毛器は日本人の肌に合わないケースがある
  • 安い外国製の脱毛器は日本語のガイドブックがないケースがある
  • 安い外国製の脱毛器は公式サイトがないケースがある

安い外国製の脱毛器はメーカー保証がないケースがある

安い脱毛器を探していると、基本的に見つかるものは外国製の脱毛器になると思います。
通販サイトでさまざまな格安脱毛器が販売されており、今までよりも比較的簡単に安い外国製の脱毛器が手に入りやすくなりました。
しかし、リーズナブルな海外製品のなかには説明書や保証書がなかったり、読みにくかったりするものが多く、日本製の家電なら当然付いているメーカー保証がないものも多くあります。
特に中国製の格安脱毛器には保証が付かないものも多いため、万が一壊れたらおしまい、という危険性も。
安い家庭用脱毛器を選ぶ際は、メーカー保証の有無もチェックしておくのがおすすめです。

安い外国製の脱毛器は日本人の肌に合わないケースがある

安い外国製の脱毛器は日本だけでなく様々な国に販売されています。
そのため設計開発の段階で日本人だけでなく世界中の様々な人の肌に合わせて作られています。
機種によっては機種やメーカーによっては、そもそも日本人に向けて作られているものではない場合もあります。
日本人の肌は世界的に見ると弱く敏感な肌のため、日本人向けに作られてない家庭用脱毛器を使うと肌への刺激が強すぎて火傷や肌の異常がでてしまう可能性があります。
外国製が全てダメというわけでありませんが、安い外国製の脱毛器を選ぶ際は日本人の肌にも対応しているかのチェックを欠かさないようにしましょう。

安い外国製の脱毛器は日本語のガイドブックがないケースがある

おすすめされていた安い外国製の脱毛器を買ってみたものの、届いて説明書を開いたら日本語での説明書きがなかった。
脱毛器に限らず、安い外国製の家電だと日本語での説明書がない、といったケースはよくあることです。
英語ならまだなんとかなるけど、中国語や韓国語だったりするともうお手上げ。
安い外国製のメーカー全てがこのような対応をしているわけではありませんが、海外メーカーの脱毛器を購入する時は信頼できるメーカーかどうかも確認してから購入するのが良いでしょう。
また、商品説明欄をよく読んで、「日本語取扱説明書あり」と記載されているかの確認も忘れないでください。
しっかりとしたメーカーなら、日本語、英語、中国語と取扱説明書をそろえているはずです。

安い外国製の脱毛器は公式サイトがないケースがある

先ほどの説明書やメーカー保証と同じく、安い外国製の脱毛器の場合、公式サイトがないといった、顧客への対応やサービスが著しく悪いケースが見かけられます。
外国製の場合、基本インターネット上でしか脱毛器の機能や性能を調べることができません。
口コミサイトや個人ブログやSNSで調べることもできますが、信頼度の面でかなり疑問符がついてしまいます。
基本、海外製の安い脱毛器を選ぶ場合は、公式サイトがある製品の方が安心して買うことができます。
どうしても欲しい脱毛器で公式サイトがないときは、口コミサイト等をチェックして説明書や保証がきちんとあるものを選ぶのがおすすめです。

>>家庭用脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

安い家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

家庭用脱毛器でおすすめの安い日本製

安い家庭用脱毛器の選び方で以下の3つのポイントについて紹介します。

  1. 顔やVIOなど希望の箇所に使用できるか
  2. 照射回数が多くコスパが良い
  3. メーカー保証があり安全性が高い

どれも脱毛器を選ぶ上で絶対に欠かせないポイントばかり。
特に顔やVIOといった部位の脱毛をしたい場合は、対応していない脱毛器を選んでしまうと全く買った意味がなくなってしまいます。
対応していなかったということでムリに未対応の脱毛器でデリケートゾーンの脱毛をしてしまうと肌トラブルが起きる原因ともなってしまいます。
選び方2・3も重要で、脱毛器は長く使うものなのでコストパフォーマンスは必ず考えて選ぶことがおすすめです。
また強力な光や熱が出る機器なので、安全性が高く故障したときのために保証がしっかりしているものを選びましょう。

選び方1・顔やVIOなど希望の箇所に使用できるか

安い家庭用脱毛器だと、高い脱毛器に比べて機能や性能が落ちているものが多いです。
そのため、顔やVIOのムダ毛ケアに使いたかったのに、いざ買ってみたら顔やVIOには対応していなかった、なんてことになりかねません。
ほとんどの家庭用脱毛器の公式サイトには、使用可能箇所が記載されているのですが、安い脱毛器だと海外製が多く、公式サイトにも情報がほとんどないこともあります。
希望箇所に使用可能であっても、なかにはアタッチメントを変えることで顔やVIO(ビキニライン)の減毛が可能になる商品もあるので、付属のアタッチメントの種類もしっかりチェックするのがおすすめです。
メーカーによっては、アタッチメントは別売りというケースもありますので。

選び方2・照射回数が多くコスパが良い

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでお手入れするのに比べたら家庭用脱毛器はかなり安いですが、それでも家電としてはけっこういいお値段します。
さらに光やレーザーを照射するランプは消耗品なので、長く使い続けるなら「照射回数」や「コストパフォーマンス」は選ぶ際に欠かせないチェックポイントです。
照射回数は、機種によって最大照射回数が設定されており、公式サイトや説明書などに掲載されているので、選ぶ際に確認しておきましょう。
製品によっては、照射レベルで最大照射回数が変わるもの、照射レベルと照射回数が関係ないものといったように様々なので、そのあたりのチェックも忘れずに。
一般的にショット単価は0.15円前後の商品が多いので、ショット単価が0.1円以下だと低コストでコスパの良い家庭用脱毛器といえます。
余裕があれば、1回あたりの照射面積も考慮して選ぶのがおすすめです。
どれだけショット単価や最大照射回数が良くても、照射面積が狭いと結果照射回数が多くなり、ランプの寿命が短くなります。
カートリッジ交換式と本体一体型だと、長期的に脱毛器を使うのであればカートリッジ交換式の方がコスパ良いです。
参考までに各部位に必要なショット数の目安も掲載しておきます。
顔:20~30ショット
両脇:6~8ショット
両腕:20~60ショット
デリケートゾーン:10~20ショット
両脚:150~200ショット
全身:300ショット

選び方3・メーカー保証があり安全性が高い

3つ目のポイントは、メーカー保証があって安全性が高い家庭用脱毛器を選ぶということ。
高額な家庭用脱毛器は世界的にも有名で信頼がおけるメーカーだったり、日本で製造された国産の製品
だから、ほぼ間違いなくメーカー保証もついていますし安全性も確かなものばかり。
しかし、やすい家庭用脱毛器だと大抵海外で作られた外国製になってしまいます。
安い海外製でもメーカー保証や安全性がしっかりしているものもあるのですが、信頼のおけないものも数多くあるのが現状です。
公式サイトや口コミを参考に、保証や安全性がより確かなものを選ぶようにしましょう。
説明が怪しかったり安全性が不確かなものは選ばないのがベターです。
あとは、きちんとアフターフォローをしてくれるかどうかも要チェック。
脱毛器が故障してしまった場合の修理の可否など、万が一のトラブルにも備えて保証期間・保証内容をしっかりと確認しておくとより良い脱毛器が選べるのでおすすめです。

家庭用脱毛器の仕組みや特徴について

家庭用脱毛器でおすすめの安い日本製

家庭用脱毛器の仕組みや特徴について紹介します。
脱毛器は大きく分けると5種類の脱毛方式があります。
それぞれにメリット・デメリットがあり、お値段も脱毛方式によってかなり変わってくるので、自分の希望に沿った脱毛方式選ぶためにも脱毛方式は知っておくことをおすすめします。
脱毛方式によっては、「脱毛」ではなく毛を減らすだけの「除毛」になる家庭用脱毛器もあります。
仕組みや特徴をしっかり理解しておかないと、思ったような脱毛効果を得られないということもありえますので、以下の5種類の脱毛方式の特徴をざっくりとでもいいので確認しておくことがおすすめです。

  • フラッシュ(光)脱毛器の特徴
  • レーザー脱毛器の特徴
  • サーミコン式の特徴
  • ローラー式の特徴
  • 高周波式の特徴

家庭用脱毛器の種類・フラッシュ(光)脱毛器の特徴

家庭用脱毛器で一番採用されている脱毛方式が「フラッシュ(光)式」です。
フラッシュ式の脱毛の仕組みは、ムダ毛の毛根に光を当てることで毛根に熱を加えてダメージを与え、毛が生えるのを遅くしたり、毛を生えにくくすることで、ムダ毛を減らしていくといった方法。
フラッシュ式の脱毛器の特徴としては、
脱毛器を使う時間が短時間で済む
痛みを感じにくい
家庭用脱毛器の種類が多いので選びやすい
といった点があげられます。
照射面が広いので初心者でも照射ムラができにくく、機種によってはカートリッジやアタッチメントを交換することで、細かな部位も簡単に照射することが可能。
短時間でムダ毛ケアが完了しますし、痛みも少ないので家庭用脱毛器の初心者におすすめです。

↓↓フラッシュ式の自宅で使える脱毛器の代表的な機器↓↓
【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

家庭用脱毛器の種類・レーザー脱毛器の特徴

フラッシュ式に続いて家庭用脱毛器で有名なのがレーザー式の脱毛器です。
一番の特徴は、医療脱毛と同じ脱毛方式のレーザー照射が行えることです。
ただし、医療脱毛と同じ脱毛方式とはいえ家庭用脱毛器なのでレーザーの出力は大幅に避けられています。
また永久脱毛を行うことはできません。
レーザー式の脱毛の仕組みは、メラニン色素に反応するレーザーを使い、毛を育てる毛乳頭にダメージを与えるというもの。
レーザーは威力が強い分、フラッシュ式のに比べて痛みも強いです。
フラッシュ式よりも毛のメラニン色素に与えるダメージは確実に大きいので、脱毛効果は実感しやすいです。
出力が強いので照射範囲は狭い脱毛器がほとんど。
指の毛や VIO など細かな部分をピンポイントで照射するのにおすすめ。
1回の照射も時間がかかりますが、しっかり効果を実感したい人におすすめです。

家庭用脱毛器の種類・サーミコン式の特徴

フラッシュ式、レーザー式に比べるとあまり知られてない脱毛方式であるサーミコン式。
サーミコン式脱毛器は熱線式除毛器ともよばれています。
「除毛器」と名称にあるように、厳密に言うと脱毛器ではありません。
「熱線式除毛器」とは、ヘッドに内蔵された熱線でムダ毛を焼き切るタイプのムダ毛処理器です。熱処理に特許技術「サーミコン式」を用いる機器もあるため、「サーミコン式脱毛器」と総称されています。
カミソリやシェーバーとは違い、皮膚に直接触れずにケアできます。
カミソリ負けする人や敏感肌の人に向いています。
一般的な脱毛器に比べて、サーミコン式は比較的価格が安く本体もコンパクトで持ち運びしやすいので脱毛器ではないですがムダ毛ケアが手軽に行えるということで人気になる商品が出ることもあります。
サーミコン式で処理したムダ毛は、毛先が丸くなるのでムダ毛処理後のチクチクした感じが出ることがないのも嬉しいポイント。
チクチクするストレスを避けたい方におすすめです。

家庭用脱毛器の種類・ローラー式の特徴

ローラー式の家庭用脱毛器の特徴について紹介します。
ローラー式の脱毛器の脱毛方式は、名前の通りローラーでムダ毛を抜いていくことでムダ毛処理をしていきます。
ローラーでムダ毛を抜いていくだけなので、一時的にムダ毛を減らすだけなので、しばらくするとまたムダ毛が生えてきてしまいます。
なので、脱毛というより「除毛」という分類の方が正しいです。
ローラー式の一番の特徴としては、毛を引き抜いていくので痛みが強いこと。
レーザーや光の痛みとは違った、毛を抜く痛みなので、敏感な部分や毛が濃い部分だと痛みがかなり強くなるケースもあります。
肌が冷えて毛穴が狭まっているとより痛みが強くなるので、お風呂やシャワーで温まり毛穴が広がっているときにローラー式脱毛器を使った方が若干ですが痛みが軽減されるのでおすすめです。
その際は防水機能が搭載されているローラー式脱毛器を使うと便利です。
価格は他の家庭用脱毛器に比べるとかなり安価なものが多く、お求めやすいのも特徴の1つ。
毛を抜くだけなので、頻繁にムダ毛処理を行わないとムダ毛が目立ってきてしまうので注意が必要です。

家庭用脱毛器の種類・高周波式の特徴

高周波式家庭用脱毛器は、毛1本1本に高周波を流して毛根にダメージを与えることで脱毛・除毛効果得ることができる脱毛器です。
毛をピンセットのような器具で挟み、高周波を流して毛を抜いていく方法で、昔からある脱毛方式です。
毛根にダメージを与えるという点では、レーザー式やフラッシュ式と同じですが、高周波式はムダ毛を抜いていくので、脱毛ではなく除毛になります。
高周波式のメリットは、痛みを伴わずにムダ毛を抜いていくことができること。
痛みがないので、VIOなどのデリケートゾーンはもちろん眉毛などの狭く敏感な部分のムダ毛ケアもしやすいことです。
肌がニキビ跡などででこぼこしている方や毛穴にダメージを与えないので敏感肌でも安心して使用することができます。
デメリットは、毛1本1本ごとに処理していくので非常に時間がかかること。
またあまり知名度がなく商品数が少ないので、商品選択の幅が狭いことが挙げられます。
なにより脱毛ではなく除毛なので、定期的なムダ毛ケアが必要にないます。
手間がかかっても痛みを感じずにムダ毛ケアしたい方におすすめ。

家庭用脱毛器の仕組みについて

一言で家庭用脱毛器といっても様々な種類があり、脱毛方式もそれぞれ異なります。
また「脱毛器」と銘打っていますが、永久脱毛は医療機関でないと行うことができないので、どれも「除毛」や「抑毛」を目的をとして作られています。
それでもフラッシュ式やレーザー式のように毛根の毛を生やす組織にダメージを与える機器は、継続して使用することで毛が細くなったり、生えてくるスピードが遅くなったりする効果が期待できます。
他の脱毛方式の脱毛器は、毛を生やす組織にダメージを与えるものではないので、一時的に毛を目だたなくするだけなので、定期的に使い続けないとムダ毛が目立ってきてしまいます。
それでも肌が弱い方やフラッシュ式やレーザー式特有の痛みが苦手な方であれば、ムダ毛処理に向いている機種もあります。
ご自身の肌やムダ毛の質、量、ムダ毛処理したい部位や脱毛目的に合わせて家庭用脱毛器を選ぶのがおすすめです。

日本製の安いおすすめ家庭用脱毛器

家庭用脱毛器でおすすめの安い日本製

日本製の安いおすすめ家庭用脱毛器を厳選して9種類紹介します。
日本製なので、メーカー保証がなかったり説明書がないといった安い海外製にありがちなことはまずありえません。
日本製だから日本人の肌に合わせて設計製造されているので、出力が強すぎてヤケドしてしまう、といった心配もありません。
日本製の家庭用脱毛器も数多くあるのですが、その中でも特に使いやすかったりコストパフォーマンスが良いものを紹介しています。
「トリア」以外は全てフラッシュ式の脱毛器ですが、機器によって脱毛対応範囲だったり、照射パワーの調整レベル、本体の形状など様々な違いがあるので、よくチェックしたうえて最もご自身の希望に合った脱毛器をみつけてください。

【レイボーテ】ヤーマン

レイボーテは美容家電で有名なヤーマンが販売しているフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

・最大7連射のフラッシュで全身のムダ毛がスピーディーにケアできる!
・60万発の長寿ランプを採用!ムダ毛の量が多い方でも安心して継続使用できる
・付属の「スポットヘッド」で指やビキニラインなど細かい部分もらくらくケア

数々の美容家電を世に送り出してきたヤーマンだからこその、細かな部分までこだわった家庭用脱毛器。
家庭用脱毛器が初めての人でも抵抗なく使える使いやすさにこだわっています。
メードインジャパンだから安心安全。
顔やビキニラインを含め全身に使用することができます。
付属のアタッチメントを付け替えれば、美肌ケアも可能。
照射出力は5段階に調整可能なので、痛みに弱い方や家庭用脱毛器を使い始めの方でも安心してご利用することができます。

【スムーズスキン bare plus】CyDen

スムーズスキン bare plusはイギリスで30年以上の歴史を持つ、脱毛器のパイオニアcyden(サイデン)社が開発した家庭用脱毛器です。
世界30か国で年間50万台以上売れ続けている世界的に人気のフラッシュ式の家庭用脱毛器。

・最大100万発の照射が可能
・全身脱毛がわずか10分で完了の超スピーディー
・約3万円のリーズナブルな本体価格

2019年に販売された同社の脱毛器に比べ、脱毛スピードと照射パワーが改良されたため、全身脱毛がわずか10分で完了という驚異のスピード感を達成しています。
また、週に1度の使用が推奨されているので、「4週間後には変化がみられる」と宣伝されています。
忙しくてなかなかムダ毛ケアをする時間がとれない、短時間でムダ毛処理をしたい、といった方にはスムーズスキン bare plusはぴったりの家庭用脱毛器でおすすめできます。

【シルクエキスパート】Braun

電気シェーバーで有名なBraun/ブラウンから販売されている家庭用脱毛器「シルクエキスパート」はフラッシュ式の脱毛方式で、移り変わりの激しい家庭用脱毛器の中でも年齢問わず大人気のロングセラー商品で安定感があるのもおすすめできるポイント。

・照射パワーが強力で脱毛効果を実感しやすい
・照射間隔が短いから短時間でお手入れ可能
・40万回照射可能でコストパフォーマンスもgood

顔から足先まで全身くまなくムダ毛に照射できます。
電気シェーバーで有名なだけあって、本体を持ったときの手にフィットする感覚は抜群です。
持ちやすいからVIOのように光を当てにくい部分も、初心者でも簡単に照射することができます。
肌の色に合わせて自動で照射レベルを調整してくれるので、面倒な照射パワーの調整が必要ありません。
だから照射パワーの具合が分からない初心者でも安心して使えますし、照射レベルの調整の手間が省けるから短時間でケアが可能となっています。
短時間でムダ毛ケアしたい方におすすめ!

【光エステ ボディ&フェイス用】パナソニック

大手家電メーカーパナソニックが提供する家庭用脱毛器「光エステ ボディ&フェイス用」は、全身の脱毛照射が可能なフラッシュ式の脱毛器。

・コンパクトサイズだから、置き場所に困らず手軽に使える
・細かい部分にもあてやすいフェイス用アタッチメントが便利
・照射面が広く、スピーディーなムダ毛ケア

全身くまなく照射可能な上に、男性のヒゲにも対応しています。
照射出力も5段階に調整可能なので、ヒゲやデリケートゾーンも最小限の痛みや負担でムダ毛ケアできます。
本体はやや大きめなサイズなので、慣れるまで扱いずらいかもしれません。
しかし、・Vゾーン用のワイドアタッチメント、Iゾーン専用の極細アタッチメントのほか、フェイス用のコンパクトなアタッチメントも付属しているので、アタッチメントの付け替えがやや面倒かもしれませんが、細かな部分もしっかり照射しケアすることが可能となっています。
肌色に合わせて適した出力レベルを自動で検知して制御する「肌検知センサー」を搭載しています。
肌色がやや濃い方にもおすすめの脱毛器です。

【エピレタ】アイリスオーヤマ

エピレタは大手家電メーカーアイリスオーヤマが販売しているフラッシュ式の家庭用脱毛器。
累計出荷台数350万台を突破している現在大人気の光美容器です。

・照射レベルは肌の調子に合わせて5段階に調整可能!
・光と音響効果を使用した新しいケア方法を採用
・肌に密着しないと光が照射されないから、初心者でも安心安全

エピレタの最大の特徴は、光効果に音響効果をプラスしたHPL(ホームパルスライト)方式という、他とは一線を画す脱毛方式を採用しています。
全身の照射が可能で、1回の全身照射は約2~3万回。
エピレタは最大40万回もの照射が可能なので、コスパも抜群です。
男性のヒゲも対応しており、片ワキの照射がたったの10秒で完了します。
リーズナブルな家電を数多く販売しているアイリスオーヤマだからこその価格、14,800円もエピレタの大きな魅力。
しかも国産なのでもういうことなし!
国産の脱毛器でお得なものを選びたい方におすすめです。

【ルメア】フィリップス

ルメアは丸型の電気シェーバーで有名なフィリップスが販売しているフラッシュ式の家庭用脱毛器です。

・カートリッジ交換やジェルが不要なので手軽にケアできる
・肌の色を測定し、自動で最適な照射レベルを調整してくれる
・収納ポーチ付きなので外出先でもムダ毛ケアが OK

ルメアはシンプルで初心者でも簡単に使える操作性が魅力。
安全リングを採用しており、肌に密着していないと光が照射されないので脱毛器が使い慣れない家庭でも安心して使うことができます。
もちろん脱毛機に慣れている上級者の方でも余計な肌トラブルを回避することができるのでおすすめの機能です。
照射レベルは5段階に調整可能。
照射スピードも早く、照射パワーが自動調整なので腕や足など広い部分でも手早く照射を終えることが可能です。
照射ランプは最大25万回照射と他の脱毛器に比べると若干少なく感じられますか、安全リングにより無駄打ちが非常に少ないので最大25万回でも全然少なく感じることはありません。
コスパも考えて選びたい方におすすめの脱毛器です。

【LAVIE】ラヴィ

LAVIEは家庭用エステ脱毛器という名称で、エステにも使用可能な家庭用脱毛器。
VIOを含むほぼ全身に照射できるフラッシュ式の脱毛器です。

・照射パワーは7段階に調整可能
・「新Wコンデンサー」によって、サロン級のハイパワーが見込める
・美容効果も期待できるIPLフラッシュを採用

手にしっかりなじむようにつくられた新設計のハンドピースは、全身に使用していても疲れないよう工夫されています。
収納ケースカバーの内側に大きなミラーが設置されているため、目が届きにくい部位や顔などもミラーに映しながらお手入れできるといったように、ユーザー視点で使いやすさを追及されているのも高い評価を得ています。
また、仕事終わるのが遅くなる方や子供が寝静まった夜くらいしかムダ毛ケアができないといった方でも安心して脱毛器が使える「夜間でも使いやすいミュート機能」が搭載されているのも嬉しいポイント。
使い勝手の良い家庭用脱毛器をお探しならLAVIEはおすすめです。

【トリア パーソナルレーザー脱毛器4x】トリア・ビューティー・ジャパン

トリア パーソナルレーザー脱毛器4xは、家庭用脱毛器で唯一のレーザー式脱毛器です。
全世界で多くの方に愛用されているトリア・ビューティーから販売されている家庭用脱毛器だけあって、非常に使い勝手がよいのがポイント。

・家庭用脱毛器で唯一のレーザー式脱毛器
・カートリッジの部品交換が一切必要なし
・脱毛効果はフラッシュ式に比べて非常に高い

トリア パーソナルレーザー脱毛器4xの最大の特徴は、レーザー式の脱毛方式であること。
レーザー式は医療脱毛で採用されているものと同じ方式です。
家庭用脱毛器なので、出力は大幅に下げられてはいますが、それでもフラッシュ式に比べるとはるかに脱毛効果を実感しやすくなっています。
ただし、痛みはフラッシュ式に比べると強く、照射面積も狭いのでお手入れに時間がかかってしまうのが難点です。
時間はかかってもしっかり脱毛効果を感じたい方はトリア パーソナルレーザー脱毛器4xがおすすめできます。

【脱毛ラボ ホームエディション】脱毛ラボ

脱毛ラボ ホームエディションはセドナエンタープライズから販売されているフラッシュ式の家庭用脱毛器です。
ビキニラインやVIOを含めた全身に照射可能なので、脱毛ラボ ホームエディション一台で全身のムダ毛のお手入れができます。

・冷却クーリング機能搭載
・ボタン2つのシンプル設計で使いやすい
・「高性能タッチセンサー」を搭載しており、凹凸部分も照射しやすい

脱毛サロンで採用されている脱毛器と同等の出力ですが、照射パワーは5段階に調整可能なので、痛みが苦手な方や家庭用脱毛器が初めての方でも安心して使用できます。
冷却クーリング機能があるので、冷却する手間が省けるから全身の照射が最短で15分で完了することも可能としています。
重量が277gと軽いので腕が疲れにくく、VIOのような光を当てにくい部分も簡単に照射することができます。
操作性と照射パワーの両方を兼ね備えた家庭用脱毛器でおすすめです。

日本製の安くておすすめの家庭用脱毛器まとめ

日本製の安くておすすめの家庭用脱毛器について、選ぶときの注意点や選び方のポイント、脱毛方式の違いやメリット・デメリットに加えておすすめの家庭用脱毛器もご紹介してきました。
安い家庭用脱毛器を選ぼうとすると、どうしても外国製の製品ばかりになってしまいます。
もちろん外国製でも良い脱毛器はありますが、説明書がない・メーカー保証がない・公式サイトがない、といったように、信頼性に欠けるメーカーや製品が多いのも事実。
脱毛器は肌に直接あてて使うものなので、できる限り安心して使える製品を選ぶことが重要です。
怪しい海外製に比べるとどうしても高くなってしまいますが、日本製の安心安全な脱毛器でも今回紹介してきたように十分お安い脱毛器も多々あります。
家庭用脱毛器は安心安全かつしっかり効果が実感できるものを選ぶことが値段よりも大切なので、日本製で安い脱毛器を選ぶことをおすすめします。

>>美容と健康トップページに戻る