【家庭用脱毛器の頻度】毎日はやりすぎ?VIOに脱毛器

家庭用脱毛器メーカーごとの使用頻度のまとめ

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器メーカーごとの使用頻度についてまとめました。
脱毛器は国内・国外問わず多くのメーカーから様々な機種が販売されています。
それぞれVIOに対応・未対応だったり、男性でも使える、カートリッジ交換式など性能にかなり差があります。
そういった機種や性能ごとに使用頻度も違うのか気になるところ。
この記事では以下の脱毛器を使う際の使用頻度で気になるポイントについて詳しく紹介しています。
これから脱毛器の購入を検討している方は使用頻度を知っておくためにもぜひ参考にしてください。

  • 多くの家庭用脱毛器は1~2週間に1回の使用を推奨している
  • 毎日の使用はお肌への負担が大きいのでNG
  • 継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてくる

多くの脱毛器は1~2週間に1回の使用を推奨している

家庭用脱毛器は多くのメーカーから発売されています。
メーカーや機種によって多少の違いがありますが、大多数の会社が基本的に家庭用脱毛器の使用頻度の目安は1~2週間に1回の使用が推奨しています。
「なぜどのメーカーも同じくらいの頻度なの?」
理由としては、脱毛器の照射ペースは、毛周期(毛が生えかわるサイクルのこと)に合わせて行うのが最も効果的だからです。
毛の濃さは部位ごとに異なるので、脱毛器を使っていて毛が薄くなるペースは場所によって異なるので、「毛周期も部位によって変わってくるのかな?」と感じられるケースもあるかと思います。
しかし、毛周期は身体のどの部位でも基本的に変わりませんので、家庭用脱毛器の使用頻度もほぼ共通になります。
また家庭用脱毛器には「光脱毛」と「レーザー脱毛」の2つのタイプがあります。
使用頻度もタイプで変わるのかな?ということですが、脱毛方式は違っても、毛周期に合わせて照射するのが一番効果的なので、光でもレーザーでも家庭用脱毛器の照射頻度は変わりません。
初めのうちは、1~2週間に1回の使用で続けてみて、「ムダ毛が薄くなってきたかな」と見た目でも分かるようになってきたら、徐々に使用頻度を下げていくのがおすすめです。

毎日の使用はお肌への負担が大きいのでNG

サロンやクリニックと違って家庭用脱毛器なら自宅で使えるから、毎日やったら脱毛効果スゴいんじゃないの?と思う方も多いと思います。
しかし、毎日家庭用脱毛器を照射するとお肌への負担が大きいので基本的にNGです。
メーカー側も自宅で脱毛器を使用する際の頻度が毎日としては設計開発していません。
「私は肌が丈夫だから毎日でも大丈夫」という方でも、実際に家庭用脱毛器を照射すると、見た目は変わらなくても、肌の内部はけっこうダメージを受けています。
肌がいくら丈夫でも、使用頻度が毎日とか1日おきくらいに使うとヤケドする可能性がありますし、最悪ヤケド跡が残ってしまう恐れも。
いくらムダ毛がなくなって肌がキレイになっても、ヤケド跡が残ってしまったら本末転倒です。
また毎日使っても、1~2週間に1回のペースでも、ほとんど脱毛効果は変わらないのです。
それどころか、毎日使うと家庭用脱毛器のランプやカートリッジが消耗してしまうだけで、コストパフォーマンスが非常に悪くなります。
どうしても毎日自宅で脱毛器を使いたい場合は、今日は足、明日は腕、といったように、違う部位を照射しましょう。
同じ部位に連続して照射しなければ、頻度として毎日家庭用脱毛器を使っても問題ありません。
照射し忘れた場所だけ翌日照射するのもOKです。
ただし、前日に照射した部分に光やレーザーが当たらないように注意して行ってください。

継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてくる

大多数の家庭用脱毛器のメーカーが、1~2週間に1回の使用を推奨している、ということで、「ずっと同じ頻度で使っていくのはちょっと面倒」と思われるかもしれません。
脱毛器に限らずサロンでもクリニックであっても脱毛は、継続して行っていくことで次第に脱毛する間隔が空いてくるもの。
脱毛器を使っていて「少しムダ毛が薄くなってきたかな」「ちょっとムダ毛が生えにくくなってきたかも」と感じられるようになったら、使用頻度を落とすサインです。
今まで1~2週に1回だった頻度を、3~4週に1回、さらに毛がなくなってきたら2ヶ月に1回、といったように徐々に照射を少なくしてもらって大丈夫です。
また肌の質や痛みの感じ方にもよりますが、1~2週間に1回が大変だったらもう少し間隔をあけるのも可能です。
ただし、初めて家庭用脱毛器で脱毛される方は初回の照射から1か月以上間隔が空いてしまうと、ほとんど脱毛効果が期待できないので注意してください。
脱毛後の保湿ケアや日常の紫外線ケアも丁寧一定の頻度で行うことで、脱毛間隔も安定しますし、肌の状態を良い環境で保つことで照射時の痛みも少なくなってきます。
使用頻度を頻繁にするよりも、お肌のケアを丁寧にする方がおすすめです。

>>【4大無料特典付き】ケノン公式サイトはコチラ

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射する!やりすぎはNG!

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器の頻度を考える際に絶対忘れてはいけないのが「毛周期」です。
毛周期を気にせず照射をやりすぎてしまうと、肌トラブルが起きて大変なことになってしまうので注意してください。
「毛周期」とは、毛が生えかわる周期のことで、3種類あります。
「成長期」「退行期」「休止期」の3段階のサイクルで毛は抜けたり生えかわったりしているのです。
脱毛器を使って効果が期待できるのは「成長期」の毛のみなんです。
だから「たくさん照射したら早く脱毛終わるでしょ」ということでやりすぎても効果がほとんど期待できません。
それどころか肌にダメージが蓄積してしまい、肌トラブルが起きて脱毛完了までの期間が長くなってしまうことも。
また脱毛器のカートリッジやランプの寿命も縮めてしまうのでいいことはありません。
毛周期を理解して賢く脱毛器を使いましょう。

成長期の毛は全体の20%しかありません

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射するのが効果的ですが、毛周期の中でも脱毛器の照射効果があるのは「成長期」の毛だけです。
体毛は「成長期」「退行期」「休止期」の3段階のサイクルがあり、この3つの期間をずーっと繰り返しています。
毛は全身様々な場所に生えていますが、毛周期のサイクルは部位ごとに同じというわけではなく、毛1本1本ごとに異なります。
個人差ありますが、一般的に成長期の毛は全身の毛の中で約20%しかありません。
だったら成長期の毛が多い部分だけ狙って照射すれば効果的では、と思いますが、見た目では毛周期は分からないのです。
成長期は約2~8週間に一度のペースでやってきます。
なので最初はあまり毛周期のことは気にせず、2週間に1回の頻度で家庭用脱毛器を使ってもらうのがおすすめです。
時期に限らず約20%は成長期の毛なので、必ず照射効果は期待できますので。
逆にやりすぎても約20%のムダ毛にしか効果がないので、やりすぎは肌への負担とカートリッジの消耗にしかならないのでおすすめできません。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない!

脱毛器の光はどんなムダ毛にも効果がある、といったイメージがりますが、実際は家庭用脱毛器でもサロン・クリニックの脱毛器の光であっても「成長期」の毛しか反応しません。
成長期の毛は、肌表面に新しく生えてくる毛のことを表しています。
特徴としては、残りの毛周期の毛「退行期」「休止期」に比べて毛根にあるメラニン色素が濃いこと。
成長期の毛は、肌表面に生えているので、毛根に光が届きやすいうえに、メラニン色素も多いので光による脱毛効果が高いのです。
逆に「退行期」「休止期」の毛は、肌表面から毛根までの距離が長いので光が届きにくく、照射パワーを上げて毛根に届かせてもメラニン色素が薄いのであまり脱毛効果が得られません。
成長期の毛は見た目では分からないので、最初はあまり難しく考えず最低1~2週間の間隔を空けて家庭用脱毛器を使っていけば問題ありません。
焦って家庭用脱毛器の使用頻度を上げても効果が期待できず無駄うちになってしまう可能性が大なので止めておくのが賢明です。

毎日使用しても効果なし!ムダ毛が生えてくる1~2週間間隔で照射しよう

家庭用脱毛器の光(レーザー)は「成長期の毛」にしか脱毛効果が期待できません。
そして成長期の毛は全体の20%しかないので、毎日使っても効果がないどころかデメリットだらけ。
毎日照射すると、肌へは大ダメージ、ほとんどのムダ毛はメラニン色素に光が反応済みで再照射の効果なし、時間とカートリッジ・ランプのムダと全くいいことがありません。
部位に関係なく、1~2週間に1回おきの頻度で照射して、コツコツ成長期のムダ毛を脱毛処理していくのがシンプルかつ一番効果的です。
1~2週間に1回くらいの頻度だと、ちょうと新たに生え揃った成長期の毛を狙うことができるので、無駄なく効果的に脱毛効果が期待できます。
毎日使うよりも、日々の紫外線ケアや保湿ケアをしっかり行った方が、肌トラブルも回避できますし、脱毛時の痛みも軽減できるのでおすすめです。

毛が薄くなってきたらムダ毛が気になる時だけ使用しよう

多くのメーカーが推奨している家庭用脱毛器の使用頻度である1〜2週間で一回のペースで照射していると個人差はありますが徐々にムダ毛が薄くなってきます。
ムダ毛が薄くなってきたら、使用頻度を少なくするのがおすすめです。
毛の濃さや体の部位によっても変わりますが、目安としては12週間経っても照射前に比べてムダ毛が全然生えてきていなければ、使用頻度を下げていいと思います。
個人差があるので明確な判断基準はありませんが、毛がほとんどないところに照射してもカートリッジの無駄打ちになってしまうので、少しでも毛が薄くなってきたなと感じたら使用頻度を下げたほうが、より効率的かつコスパ良く家庭用脱毛器が使えるでしょう。
本当にムダ毛が少なくなってきたら、ムダ毛が気になった時だけ照射するといった形でオッケーです。

>>【4大無料特典付き】ケノン公式サイトはコチラ

>>家庭用脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

家庭用脱毛の使用頻度についてQ&A

家庭用脱毛器の頻度

家庭用脱毛器の使用頻度についての質問&回答をまとめました。
多くの脱毛器のメーカー公式サイトに掲載されている内容にネット上で実際に家庭用脱毛器を自宅で使っている方の体験談や口コミも含めて分かりやすくまとめています。
これから家庭用脱毛器を買おうと考えている、実際に自宅で脱毛器を使っているけど使用頻度がいまいち分からない、といった方はきっと参考になるのでご覧ください。

  • 毎日使用した方が早く効果が現れますか?
  • どのくらいの期間で効果を実感できますか?
  • 毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?
  • 1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?
  • 継続して使用しないと効果はありませんか?

毎日使用した方が早く効果が現れますか?

現れません。
家庭用脱毛器の照射した光が反応するのは、成長期の毛、だけです。
毛は毎日全ての毛が生え変わることはありません。
連日照射しても、大半がすでに毛根に照射済みの毛なので、ほとんど効果が出ることはありません。
同じ毛に重ねてうっても効果は変わりません。
逆に毎日脱毛器を使用すると、肌に負担がかかってひどいとヤケドする恐れもあります。
また、家庭用脱毛器のカートリッジやランプは消耗品なので、ムダうちが増えると寿命も短くなりコスパも悪く非効率になってしまいます。

どのくらいの期間で効果を実感できますか?

個人差がありますが、一般的な濃さの毛の方だと、使い始めてだいたい2ヶ月から3ヶ月くらいで目に見えた効果が出てきます。
ネット上で家庭用脱毛器の口コミを見ていると、使い始めてから3ヶ月くらいで「あ、ムダ毛が薄くなってきた!」どっちかんする人が多い傾向です。
また毛の太さや質によっても効果が出てくるまでの期間に差があります。
ムダ毛が太くて濃いといった剛毛の人のムダ毛は、脱毛器の光が反応しやすく効果を実感しやすい傾向にあります。
一方、毛が細くて柔らかいタイプの方は家庭用脱毛器の光が反応しにくいので、効果を実感しにくい傾向にあります。
メーカーや家庭のも脱毛器の機種にもよりますが、回数の目安だとVIOや脇などの比較的毛が太く濃い部分は3~7回、毛の薄い脚や腕などは2~5回くらいで効果を実感できると思われます。

毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?

ヤケド、乾燥、埋没毛、毛嚢炎、赤み、かゆみ、痛みといった様々な肌トラブルが高い確率で出るようになります。
「家庭用脱毛器なら店舗で受ける脱毛と違って光の出力も弱いからそこまでひどくならないでしょ」そう思われる方もいるかもしれません。
しかし、肌の質にもよって変わりますが、肌の丈夫な方でもヤケドしますし、肌が弱い方だったり体調が悪い時に毎日使ったりしていると火傷ではなくやけど跡が残ってしまう恐れもあります。
家庭用脱毛器で照射した後は、見た目は特に変わりがなくても、肌の内部は想像以上にダメージを受けています。
ダメージにより乾燥しやすくなっているので、照射後は乳液やクリームなどでしっかり保湿ケアをすることが大切です。

1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?

家庭用の脱毛器を使用する前には必ずカミソリなので自己処理を行ってから照射してください。
照射する部分のムダ毛が長いまま家庭用脱毛器を使ってしまうと、肌の表面に残っているムダ毛にも光が反応してしまい最悪肌表面が焼けてしまうこともあります。
肌トラブルを避けるためにも脱毛器を使用前にはムダ毛の自己処理をお願い致します。
自己処理をする際はカミソリよりも電気シェーバーなど肌の負担が少ないものを使っていただいた方が照射時の痛みや脱毛後の肌トラブルを軽減することができます。
脱毛器の使用前日に自己処理をしておくと肌への負担も少なくなりますし当日の手間も省けるのでおすすめしております。
事故処理をした後は少なからず肌に負担がかかっているので保湿をしっかり行い乾燥を防ぐのも忘れないでください。
肌が乾燥していると、角質が分厚くなり脱毛器の光が届きにくくなってしまいます。

継続して使用しないと効果はありませんか?

家庭用脱毛器の使い始めやまだムダ毛の多い初期の頃は継続しての使用をおすすめしております。
毛は毛周期に沿って生え変わっていますが、全ての毛の毛周期が同じというわけではありません。
体の同じ部位であってもムダ毛の生え変わりは一本一本ごと異なるので、1〜2週間に1回のペースで継続していただくことでまんべんなくムダ毛に脱毛効果が期待できます。
個人差がありますが大体3ヶ月くらいでムダ毛が薄くなる方が多いので、ムダ毛が薄くなったら家庭用脱毛器の使用頻度少なくしていただき、ほとんどムダ毛がなくなったらムダ毛が少し生えてきた時に使うといった形にしていただいて問題ありません。

>>【4大無料特典付き】ケノン公式サイトはコチラ

家庭用脱毛器の使用頻度のまとめ

家庭用脱毛器の使用頻度についてまとめてきました。
家庭用脱毛機は多くのメーカーから様々な商品が販売されていますが、どのメーカーも基本的に1〜2週間に1回のペースで使っていただくことを推奨しております。
これはムダ毛の毛周期に合わせて脱毛器を使うのが最も効果的だからです。
毛周期の中でも成長期の毛にしか脱毛器の光は脱毛効果が期待できません。
成長期以外は脱毛器を使ってもほとんど効果がないので毎日使うことは意味がありません。
むしろ肌トラブルや脱毛器の寿命を縮めてしまうといったデメリットばかりです。
脱毛器をたくさん使うよりも、脱毛前の自己処理や脱毛後の 保湿ケア、日常の紫外線対策といった部分に力を入れてしっかり行うことで肌トラブルを避けて綺麗な脱毛に仕上がります。
数多くの家庭用脱毛器の中でもケノンはネット上の口コミでも評価が高く使用頻度などもわかりやすいので、迷っている方はケノンがおすすめです。

ケノンの詳細についてはコチラの記事で紹介しています。
>>【ケノンの口コミ・評判】よくない効果とやらせ

>>美容と健康トップページに戻る