【家庭用脱毛器の使い方】脱毛器はいつ使う?ipl光脱毛器の注意点は?

家庭用脱毛器の使い方を間違うとどんなリスクがある?

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器は誰でも自宅で脱毛ができる便利な家電です。
しかし使い方を間違ってしまうととても危険なものでもあります。
どのような危険やリスクがあるのかというと、「火傷」「痛み」「肌トラブル(赤みや痒み)」といったもの。
ムダ毛ケアをしてキレイな肌になるために自宅で使える脱毛器を買ったのに、肌トラブルを起こしてしまったら元も子もありません。
特に火傷はひどい場合は跡が残ってしまい、一生もののキズになってしまう恐れも。
そういった悲惨な目に合わないために、ここでは脱毛器の仕組みや間違って使った場合どのようなリスクがあるのかについて詳しく紹介します。
これから脱毛器を使う方はぜひ参考にしてください。

家庭用脱毛器の仕組みは?

家庭用脱毛器の仕組みについて紹介します。
脱毛器はいくつか脱毛方式に種類がありますが、一般的に知名度があるのは2種類で「フラッシュ式」と「レーザー式」の脱毛方式です。
どちらも基本的な仕組みは同じで、毛の毛根にある毛を生やす組織に熱によるダメージを与えることで、毛を生えにくくしたり再び毛が生えてくるスピードを遅くしたりするものです。
上記の脱毛方式の他にもローラーで抜いたり、毛根に高周波を当てて抜いたりすることでムダ毛を目立たなくする脱毛器もありますが、どちらも毛根にダメージを与えるわけではないので、しばらくするとまた同じようにムダ毛が生えてきてしまいます。
フラッシュ式もレーザー式も完全な脱毛の永久脱毛は自宅で使える脱毛器では行うことができませんが、使い続けることで、徐々にムダ毛が細く薄くなっていき、脱毛器を使う頻度も減り、ムダ毛がほとんど目立たなくなってきます。
しっかりと脱毛したいという方は医療脱毛クリニックに通うのがおすすめですが、クリニックに通う時間がない、医療脱毛は費用が高額でムリ、営業時間中に通えない、といった悩みを持つ方は、自宅で使える脱毛器でも十分ムダ毛ケアができるのでおすすめです。

家庭用脱毛器のリスク・火傷

脱毛サロンや医療脱毛クリニック口コミをみると、「火傷した」といった感想をみかけます。
脱毛はヤケドするリスクが高い、といったイメージが巷にはあると思います。
サロンや医療脱毛クリニックで使用されている脱毛器は照射パワーが強いので、肌が弱い方だと正しい使い方であっても最弱でも火傷してしまうケースがあります。
では家庭用脱毛器でもヤケドすることはあるのか?というと、自宅での脱毛器でも火傷するリスクはあります。
もちろん、説明書通りの正しい頻度と使い方をしていたら、まず火傷することはないので安心してください。
基本的に自宅で使う脱毛器は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに設置されている脱毛器に比べると大幅に出力が弱いので、火傷しにくいのです。
ただし、よくわからない海外製の安い脱毛器だったり、1週間以上間隔をあけるところを、2日ほどで照射したりしたら自宅の脱毛器でも火傷してしまうことがあります。
信頼できるメーカーの脱毛器を選んで、正しい使い方をすれば火傷のリスクは大幅に下げることができます。

家庭用脱毛器のリスク・痛み

脱毛器を使う上で一番のリスクでもある「痛み」
家庭用脱毛器でムダ毛とおさらばしたいとはいっても、痛いのは嫌だからどうしても脱毛器を買う踏ん切りがつかない、という方も多いのではないでしょうか。
そんな痛みですが、できるだけ痛みの少ない脱毛器を選びただしい使い方をすることで、脱毛器使用時の痛みを軽減することができます。
また、照射前にしっかり肌を冷やしてあげたり、普段から肌の保湿ケアや紫外線対策をこまめに行い肌のコンディションを整えておくことでもムダ毛処理の際の痛みを抑えることが可能です。

家庭用脱毛器のリスク・肌トラブル(赤み・痒みなど)

肌トラブル(赤み・痒みなど)も家庭用脱毛器を使った際によく起こるリスクのひとつです。
肌トラブル(赤み・痒みなど)も先ほどの痛みと同様肌のコンディションを整えたうえで正しい使い方をすることで大幅にリスクを回避することが可能です。
痛みもリスクを回避するためには脱毛器の照射前に照射部分をしっかり冷却することが重要でした。
肌トラブルは照射した後にもしっかりと照射部分を冷却することでリスクを軽減することができます。
照射部分を冷やすことに加えて、化粧水や乳液クリームで乾燥を防ぎ保湿ケアも丁寧に行うことでより一層お肌トラブルのリスクを避けることができます。
もちろん説明書通りの使い方をすることも重要です。

>>脱毛器や脱毛に関する記事はコチラ

家庭用脱毛器を使う前は自己処理をしましょう

家庭用脱毛器の使い方

使い方としてとても重要な手順があります。
それは脱毛器を使う前にムダ毛の自己処理をするということ。
自己処理は正しい使い方以上に自宅で脱毛を成功させるために重要なことです。
「これから脱毛するんだから、ムダ毛はそのままでいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、キレイに脱毛をするために、また肌トラブルなどをリスクを避けるためにも自己処理はとても重要なことなのです。
自己処理もただムダ毛を剃るだけでなく、剃るのに使う道具やいつ剃るとより脱毛に効果的なのかなど様々なコツがあります。
ここでは「事前の自己処理が必要な理由について」や自己処理の際の注意点やおすすめの道具、期間などを紹介しています。
これから自宅で脱毛器で光照射する方はぜひ参考にしてください。

事前の自己処理が必要な理由について

家庭脱毛器を使う前に事前の自己処理は必要な理由について紹介します。
家庭用脱毛器はムダ毛を処理したい場所に光やレーザーを当てて熱による刺激で毛根にダメージを与えてムダ毛を生えにくくしたり細くしたりしていく仕組みです。
そのため光がしっかり毛根まで届くようにできるだけ肌の表面にムダ毛がない方が脱毛効果が実感しやすくなります。
またムダ毛の自己処理をしていないと肌の表面にあるだけが照射した際に焼けてしまい焦げ臭くなったりします。
ひどい場合は皮膚の表面の毛が焼けて、皮膚が火傷してしまう恐れもあります。
余計な肌トラブルを避けて、しっかり脱毛器の効果を得るためにも事前の自己処理を丁寧に行っておきましょう。

電気シェーバーでの自己処理がおすすめな理由について

家庭用脱毛器を使う前の自己処理は照射箇所のムダ毛を剃っておくことです。
ムダ毛を剃るにはカミソリや電気シェーバーなどいろいろな方法がありますが、特にオススメなのは電気シェーバーでの自己処理です。
脱毛器は肌に強い光やレーザーを当てるのでどれだけ弱い出力でも肌にダメージがあるのは避けようがありません。
特にカミソリで剃る場合は肌に直接刃物を当てるので実感はなくても目に見えない細かな傷がついてしまいます。
そういった細かなキズでも光照射によってより負担がかかってしまい肌トラブルにつながる恐れがあります。
その10電気シェーバーだとカミソリに比べて肌への負担が大幅に軽減できます。
事故処理にかかる時間もカミソリに比べて短いので手間も減らせて肌への負担も大幅に軽減できるので一石二鳥です。

毛抜きでの自己処理がNGな理由について

毛抜での自己処理がNGな理由は、脱毛器の脱毛効果が無くなってしまうから。
家庭用脱毛器は光やレーザーを脱毛したい箇所に照射して、ムダ毛の毛根にダメージを与えることで、毛を生えにくくしていきます。
そのため毛を抜いてしまうと毛根もなくなってしまうので、いくら脱毛器で照射しても全く意味がなくなってしまうのです。
また、毛抜きでムダ毛を抜くことは、肌へも大きな負担となってしまいます。
抜く際の痛みも強いですし、抜いた跡から雑菌が入ってニキビができやすくなったりすることもあります。
さらに1本1本抜かなければならないので、毛が多い人だと自己処理だけでものすごい時間がかかってしまいます。
一見ムダ毛が完全になくなるので、自己処理の効果も高そうですが、肌へのダメージも大きいし、なにより脱毛器の効果がなくなってしまうので、毛抜きでの自己処理は止めておきましょう。
どれだけ脱毛器の使い方をしっかり行っても毛抜きをしたら効果がありません。

脇やVIOは使用直前の処理がおすすめ

「家庭用脱毛器使用前の自己処理はいつやったらいいのかな?」と気になる方も多いと思います。
自己処理は脱毛器を照射する部位によって、自己処理するンベストタイミングが変わってきます。
脇やVIOといったデリケートな場所は、一般的に他の部位に比べて毛が太く濃い、といった特徴があります。
脱毛器を使う当日は、ムダ毛が短い状態でなければなりません。
2日ほど前に自己処理した方が、自己処理の際の肌への負担も回復していて、より痛みをかんじることなく照射ができそうですが、脇やVIOだと毛が伸びるのが早いので、照射するときには毛が伸びてしまって最悪は照射できなくなるという危険性もあります。
なので、脇やVIOといった毛が太く濃い部分は、脱毛器を使う直前か、前日の夜などに自己処理をしておくことをおすすめします。

腕や脚は使用の2~3日前の処理がおすすめ

脇やVIOは家庭用脱毛器使用直前の自己処理がおすすめでした。
では、腕や脚などはいつ自己処理をしたらよいのかというと、脱毛器使用の2~3日前がおすすめです。
自分の腕や脚のムダ毛を見ていただければ分かりますが、腕や脚のムダ毛は基本的に脇やVIOと比べて「毛が細く薄く」なっていませんか。
またデリケートな部分ではなく、夏場だと常に肌が露出している部分でもあるので、皮膚が強くムダ毛が伸びにくい部位でもあります。
そのため2~3日前に自己処理をしても、照射当日になっても自己処理直後とほとんど変わらない状態であるケースが多いです。
脱毛器を使う2日以上前に自己処理をすることで、自己処理による肌のダメージも抜けて、良い肌のコンディションで脱毛照射をすることが可能です。

↓↓フラッシュ式の脱毛器の代表的な機器↓↓
【ケノンの口コミ】家庭用脱毛器の効果とレビュー

家庭用脱毛器の正しい使い方・使用頻度は?

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器の正しい使い方・使用頻度について紹介します。
脱毛器は自宅でセルフでムダ毛ケアができる便利な家電ですが間違った使い方や頻度で使っていると肌トラブルを起こすなどの危険性があります。
また脱毛器は永久に使えるものではなく消耗品です。
そのためムダ毛に対して効果のないときに使ってしまうとムダうちとなりただ脱毛器の寿命を縮めてしまうだけになります。
コストパフォーマンスを考えても、間違ったペースで使うのはもったいないし意味がなくなってしまいます。
ここではメーカーが推奨する使用頻度や毎日使うことによっておこる肌へのリスク、効果的な使用ペースなどについて詳しく解説しています。
脱毛器を使っているけどイマイチ効果が実感できない、これから脱毛器を使うから正しく使いたい、といった方におすすめの内容です。

1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多い

家庭用脱毛器の購入を検討しているものの、「どのくらいのペースで使ったらいいんだろう?」と気になる方が多いです。
メーカー、脱毛器の機種・性能、脱毛器を使う目的などによっても使用頻度は変わってきますが、基本的には各部位につき1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多いのが現状です。
毎日使った方が脱毛効果が出そうなイメージがありますが、毎日やっても効果はほとんど変わりませんし、それどころか肌を痛めて脱毛器が使えなくなったりして逆効果となってしまいます。
また毛の生えかわっていくものですが、毎日大量に生えかわるわけではありません。
一度照射したら、しばらくおいて新しい毛が生えてきたときに照射した方が、より効果的に脱毛器で自宅でムダ毛ケアをすることができます。
機種やメーカーによっても違いがあるので、脱毛器を検討中であれば、その脱毛器の性能もしっかりチェックすることをおすすめします。

毎日の使用は肌負担が大きいためNG

先ほどもお伝えしましたが、毎日の脱毛器の使用は肌への負担が大きいのでおすすめしません。
というより止めた方がいいでしょう。
肌の奥の毛根にダメージを与える光を照射するのですから、肌へのダメージも相当なものになってしまいます。
また家庭用脱毛器は毛根にダメージを与えられないと、脱毛効果を実感することができません。
効率かつ効果的に脱毛器を使っていくためにも、毛の生えかわりの「毛周期」のサイクルに合わせて1~2週間に1回使っていくのがおすすめです。
どうしても毎日使いたいという方は、1日ごとに違う部位の照射をしていくのがおすすめです。
月曜日は腕、火曜日は脚、水曜日はVIOといった部位別に曜日を変えて当てていくなら問題はいでしょう。

毛周期に合わせて使用すると効果的

家庭用脱毛器は1~2週間に1回使っていくのが効果的でおすすめとお伝えしてきましたが、さらに「毛周期」に合わせて使用していくとより一層効果を実感することができます。
毛周期とは、毛が生えて抜けていくまでのサイクルで3つの期間があります。
「成長期」「退行期」「休止期」の3つですが、脱毛器を照射して意味がある、効果を最大限に得られるのは「成長期」の毛のみ。
「じゃあ成長期の毛だけ狙って照射したら完璧なんじゃ?」たしかにそれができれば一番効果的なのですが、残念ながら見た目から成長期の毛だと分かる方法がありません。
ただ、成長期はだいたい1~2週間に一度は来るので、脱毛器も同じ頻度の1~2週間に一回で使っていくことで、結果毛周期に合わせて使うことになり効果的なのです。

毛周期・成長期とは?

「成長期」とは、名前のとおり毛が成長していく時期のことです。
毛が成長していくには毛根の内部にある毛母細胞に養分が供給されて活動を活発になる必要があります。
毛母細胞が活発になるとメラニン色素が濃くなってきます。
家庭用脱毛器の光やレーザーは、毛根のメラニン色素に反応するので、メラニン色素が濃いほど脱毛器の効果がアップします。
メラニン色素が濃い成長期の毛は脱毛に最適な毛といわれる所以でもあります。

毛周期・退行期とは?

続いて「退行期」の毛ですが、コチラも名前は毛が抜ける準備に入る時期のことです。
毛の成長も止まるので、毛母細胞の活動もほとんどなくなってしまいます。
毛母細胞の活動が停止するのとともに、メラニン色素が急激に薄くなってきます。
ムダ毛があっても毛根にメラニン色素がないと、家庭用脱毛器をいくら照射してもほとんど脱毛効果が得られません。
退行期の毛は脱毛器を使わなくても自然と抜け落ちてきます。
脱毛器を使った後に毛が抜けて「効果があった!」と思っても、しばらくしたらまた同じ場所に毛が生えてきた、というときは、退行期に脱毛器を照射したものと考えられます。

毛周期・休止期とは?

最後に毛周期の3つ目「休止期」ですが、こちらは家庭用脱毛器の使用に最も適さない時期になります。
休止期は、毛が完全に抜け落ちて新しく毛が生えてくるまでの準便期間です。
そのため、毛根自体がなく、毛乳頭にもメラニン色素がほとんどありません。
毛根もなくメラニン色素もほとんどない期間なので、いくら脱毛器を使っても反応がほとんどありませんので、ムダうちとなってしまいます。
見た目でも毛が生えていないので分かりやすいのも休止期の特徴です。
照射箇所にムダ毛がほとんど生えていなければ、休止期の毛が多いと考えれらますので、その日は照射せずしばらくして毛が生えてきてから照射した方が効果的でおすすめです。

継続使用をしましょう!2~3カ月の使用で脱毛効果を実感する人が多い

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて1~2に1回のペースでの使用がほとんとのメーカーで推奨されています。
毛周期の「成長期」の毛に照射するのが最も効果的なのですが、見た目では判断することがほぼできません。
そのため、成長期だけでなく退行期・休止期の毛にも同時に照射することになるので、2~3回の照射ではなかなか脱毛効果が実感しにくいかもしれません。
それでも継続して脱毛器を使っていくと、全ての毛にまんべんなく照射できるので、徐々に効果が実感できてきます。
個人差ありますが一般的には、2~3ヶ月続けて脱毛器を使っていくと脱毛効果を実感できている人が多いです。
最初は毛が多いし慣れていなくて痛みが強く大変かもしれませんが、続けていくことで毛が薄くなり痛みも軽減されてくるので、頑張って継続することがおすすめです。

痛くない家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器の使い方

痛くない家庭用脱毛器の使い方について紹介します。
脱毛=痛い、というイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。
そのイメージは間違っておらず、よっぽどのことがない限り基本的に脱毛は強弱個人差あれど痛みを伴うケースがほとんどです。
でも実は痛みを軽減する方法がいくつか存在します。
使用する方の感覚など個人差はありますが、ここで紹介している方法を使うことで痛みを可能な限り感じずに脱毛器を使うことができでしょう。
脱毛器は決して安いものではありません。
せっかく購入した脱毛器が痛いから使わなくなっちゃった、といった宝の持ち腐れになることがないよう、ここで掲載している方法を使って痛みなく自宅で脱毛を行ってください!

事前の自己処理は必ず行いましょう

使う際に痛みを減らすには、まずムダ毛の自己処理を必ず行うことです。
脱毛器の光やレーザーは毛根のメラニン色素に反応しますが、体表に出ている部分の毛にもメラニン色素は含まれています。
そのため自己処理をしないで脱毛器を使うと、毛根だけでなく、肌の表面にあるムダ毛のメラニン色素にも反応してしまいます。
脱毛器は皮膚に密着させて使うので、ムダ毛が脱毛器と皮膚に挟まった状態になるので、熱を持ったムダ毛が皮膚をヤケドさせてしまう恐れがあります。
これが脱毛時の強い痛みにもつながります。
自己処理をしっかり丁寧に行っておけば避けられる痛みです。
家庭用脱毛器使用前は必ず自己処理を行って、余計な痛みを減らしていきましょう。

出力レベルは段階的に上げましょう

家庭用脱毛器の光やレーザーの出力は強ければ強いほど脱毛効果は早く実感できます。
ただし、出力と痛みは比例して強くなります。
しかも脱毛器初心者だったり、初めて脱毛器を使う方だと、脱毛の痛みは独特な痛みなので、最初から強いと耐えられない痛みとして感じられるケースが多いです。
痛みだけでなく、肌もまだ脱毛器の照射に慣れていないので、大きな負担となりかゆみや赤み、痛み、最悪ヤケドといった肌トラブルを招く要因となってしまいます。
肌トラブルが起きてしまうと、完全に治るまで脱毛器が使えなくなり、結果として脱毛完了までに余計に時間がかかってしまいます。
急がばまわれではないですが、まずは弱い出力で徐々に出力をあげて脱毛器を使っていくことがおすすめです。

照射の前後でしっかり冷却しましょう

家庭用脱毛器の照射前後でしっかり照射部分も冷却することは非常に重要です。
照射前に冷やすことで痛みも大幅に軽減することができます。
脱毛器の機種によっては冷却クーリング機能が搭載されていて、照射と同時に冷却も行ってくれたりもしますが、それでも事前に冷やしておくことでより痛みを減らすことができます。
照射後にしっかり冷却することも、余計な肌トラブルを回避するのに重要です。
照射後の肌はかなり熱を持っていて軽く炎症を起こしている状態です。
放置しても徐々に熱は下がっていくのですが、冷えるのに時間がかかるとそれだけ肌へのダメージが大きくなり、翌日の痛みや肌トラブルの原因となってしまいます。
照射後もすぐにしっかり冷やしてあげることで、肌の炎症を抑え肌トラブル回避してくれます。

照射後はしっかり保湿しましょう

照射後は冷却だけでなく「保湿ケア」も肌トラブルを避けるために重要です。
家庭用脱毛器をどれだけ正しい使い方で照射しても、施術後の肌はかなり熱を持った状態です。
熱が冷めていく際、冷めていくのと同時に肌の水分も奪っていきます。
しかも日常生活では考えられない熱が肌にはかかっているので、水分の奪われ方も半端ありません。
保冷剤などで冷却しても、水分が奪われるのは防ぐことができません。
冷却するだけでなく、照射後の肌はしっかり保湿ケアも行うことで、肌トラブルや乾燥を防ぐことができます。
保湿ケアは、化粧水で保湿してから、クリームや乳液などで水分が逃げないように蓋をしてあげましょう。
脱毛器の使用後、でかける予定がある方は、保湿ケアのあとに紫外線ケアも忘れずに行ってから外出してください。
照射後の肌は、紫外線のダメージもうけやすくなっているので。

生理前など肌が不安定な時の使用は控えましょう

いつもと同じ照射パワーで家庭用脱毛器を使っているのに、今日はなんか痛かった、といった経験ありませんか?
体調と同じで肌も日によってコンディションが変わってきます。
寝不足やストレス、疲労など様々な要因が肌のコンディションに影響してきますが、特に女性は生理など内部からの影響も大きく肌の調子にかかわってきます。
肌が不安定なときは肌のバリア機能も弱まっているので、普段と同じ強さで脱毛器を使っても痛みを感じやすくなってしまうのです。
当然、肌へのダメージも大きく肌トラブルが起きる確率も大幅にアップしてしまいます。
脱毛器はいつでも時間を気にせず自宅でムダ毛ケアできるのが最大のメリットです。
肌の調子が不安定なときはムリして照射せず、肌のコンディションが回復してから脱毛器を使うのがおすすめです。

使用可能な部位を守りましょう(粘膜への照射はNG)

説明書や公式サイトにも記載がありますが、脱毛器は正しい使い方で使用可能な部位を守って使わなければなりません。
脱毛器の光やレーザーは非常に強いので、照射NGの部位や粘膜などに照射してしまうと、ヤケドしたり肌に大きなダメージを負ってしまう危険性があります。
使用可能な部位は、脱毛器やメーカーによって異なってくるので、使う前や注文前に使い方や使用可能部位を確認しておきましょう。
また基本的にどの脱毛器も「粘膜への照射はNG」です。
VIOは粘膜ギリギリの部位に照射するので、手元がくるって粘膜に照射してしまうことがないように注意が必要です。
VIOの毛が濃かったり、細かな部位への照射が苦手な方は、細かな部位への照射もしやすい脱毛器を選ぶことがおすすめです。
それでも不安な方は、VIOや粘膜に近い部位の脱毛だけは、サロンや医療脱毛クリニックでやってもらうのもおすすめです。
スポット脱毛や部位別脱毛だと、サロンやクリニックでも安いプランがあったりします。

家庭用脱毛の使い方のコツまとめ

家庭用脱毛器の使い方のコツについて紹介してきました。
脱毛器は自宅で好きな時に手軽に脱毛照射できて便利ですが、使い方を間違えると様々なリスクを負ってしまうこともあります。
正しい使い方をしていけば、初心者でもそういったリスクを負ってしまう可能性はほとんどないので、使用前に説明書や公式サイトで使い方を必ずチェックしておきましょう。
また、毛周期に合わせて脱毛器を使うことで、脱毛器の効果を最大限に実感することができます。
毛周期は目では確認できませんが、だいたい1~2週間に1回のペースで照射していけば問題ありません。
メーカーや脱毛器ごとに、使い方や使用可能な部位も異なってくるので、自分がどの部位の脱毛をしたいのか、をしっかり理解したうえで脱毛器を選んでいくことをおすすめします。

>>美容と健康トップページに戻る